表現の不自由

 昨日発売の「週刊ポスト」の「ネットのバカ 現実のバカ」がおもしろい。もちろん言わずと知れた評論家の呉智英さんの寸評である。今回のお題は「表現の不自由と闘おう」だった。イタリアのチョコブランド「DOMORI」、武漢肺炎ワクチンを造るための「二重盲検法」、「盲腸」、「盲点」、「色盲」などを並べられ、表現規制の理不尽さを説く。

 とくに木山捷平の名詩の「メクラとチンバ」

https://ignis.exblog.jp/1117811/

を引いて、表現の自由の大切さを不肖の弟子に教示していただいた。この詩をワシャは初めて読んだが、いい詩である。映画「男は辛いよ」のラストシーンのように印象的に詩の情景が浮かぶ。さすが呉先生は博学だ。小林よしりんが「歩く百科事典」と評したくらいだからね。

 

 ワシャは木山捷平の熱心な読者ではない。しかし、講談社文芸文庫を一冊だけ持っていて、その中の「還暦の旅」という短編が気に入っている。たまたま出雲旅行の話で、ワシャが松江に縁者がいるので、なんとなく風景が浮かんできて好きな作品なのだ。この一作でもよく分かるのは、木山がきめ細かく人物評価のできる人だということである。松江のタクシー運転手とのやりとりなどは実に巧い。

 

 おっと、「表現の不自由と闘おう」だった。呉さんは《簡潔素朴は表現でありながら胸を打たれる名品》と評価しつつ、日本共産党に呼びかけている。共産党の基本書である『上部構造と下部構造の破行的進行』や『共産主義における左翼小児病』などが「不自由」なってはいけないので、私(呉)と手を組もうと。コラムはこう結ばれている。

《私と共産党では世界観が大きく異なっているが、大異を捨てて小同に就こう。表現の不自由と闘うために・・・》

 もちろんこれが呉さんお得意のアイロニーであることは言うまでもないけれど。

 

 4つ前のコラム(連載196回)で呉さんはこう言っている。

《私の評論分野のひとつはマンガだが、マンガはこれまでしばしば「表現の不自由を強いられてきた。警察、婦人団体、教育団体などがその主役で、共産党系文化人もこの風潮に同調的だった。共産主義の本家ソ連支那北朝鮮では、そもそも表現の自由など存在しない》と。

 真の意味で、「表現の不自由」と闘う覚悟が共産党にあるとは思えないのであった(笑)。

会議はおどる

 昨日、凸凹商事の外部役員のある会議中に倒れそうになった。

 ワシャはなにが嫌いだといって、牛の小便のようにだらだらとだらしなく続く会議ほど嫌なものはない。本当にゲロを吐きそうになってしまった。まとめる能力のない者の進行、議題を理解していない者の発言、やたら混ぜっ返したがる者のくだらないギャグ。こんなんで2時間やられてごらんなさいよ。ホントに気が遠くなってくるんですぞ。

 例えば、ある会議の些細な進行方法を変えようという議題があったとする。それを決めるのに、あるグループの理事による会議、全員による会議、さらにグループが複数あるので、そこから代表が集まっての会議、その上に会議をどう進めるかを決める会議があるのだ。その一番小さい単位の会議で「その進行方法を変えるために特別チームを編成して検討しよう」ということになった。

 おいおい(泣)、屁みたいに些細なルール変更に5つもの会議体を経るのかよ。凸凹商事本体でこれほど回りくどい決定プロセスを持っている部署をワシャは知らない。とくにワシャがその部局のリーダーだった時は、打ち合わせは上司まで含めて一気にやってしまう。そこで話をまとめて、即、副社長、社長のところに持ち上げていった。そのくらいのフットワークの軽さができる組織規模でもある。時おり、部長や副社長をすっ飛ばす時もあって、ずいぶんねちねちといじめられたが、事業実施のために時間は極力減じるべき、スピードこそが最大の価値(勝ち)だと確信していたので、ブレーキを踏みそうな上司は無視をした。それでも許されていた。

 たまにね、執念深いねちっこい上司に祟られたけど、そんなもの、全体の利益のためには「なんぼのもんじゃい!」と中央突破を謀ってきた。おかげで左遷されたけどね(笑)。

 だから、組織構造がきっちりと定まっていない人の塊は、どうしても堂々巡りが続いてしまう。

 次の時には気が遠くならないように「進行!」をかけまくろうっと。

 

 その会議が長引きそうだとあらかじめ予想していたワシャは、大相撲を録画しておいた。午後1時からのNHKBSと、午後3時からの地上波を予約していた。ところがBSの録画が不調で、宇良と大翔丸の取組、時間一般で画像が固まってしまう。3度やり直したが同じところで止まってしまう。なんの祟りだろう。このためにワシャは宇良の取組を見られず、今朝、結果を見れば負けているではあ~しませんか(泣)。

 辛うじて、パンの山(明瀬山)の一番は再生ができて、みごとな寄り切りを見せてもらったが、いい加減にしてほしい。

 なんだか疲れた1日だったわい。

相撲あれこれ

 最高位が三段目の37枚目。現在序二段20枚目の力士が引退する。

《コロナが怖いと突然引退…「ハーちゃん」と呼ばれた元力士の素顔》

https://news.yahoo.co.jp/articles/794ef63f8bd49feb4c90414d23d2b2f81548155b

 辞め方が変則だったので、協会と本人に対して物好きから批判が殺到しているのだそうな。ワシャは、序二段力士の引退についてなんの感想もない。しいて言うなら、入門して5年で序二段あたりをうろうろしているなら、さっさと辞めて違う人生を歩んだほうがよろしい。22歳ということなので、普通の社会人としてやり直すために時間は充分にある。

 しかし、中学卒業後、5年間も世話になったところを去るのに、後ろ足で砂をかけるようなことはせぬほうがよろし。武漢ウイルスが怖ければ、黙って辞めればいい。

 確かに武漢ウイルスは怖いと思う。しかし、力士というのは命懸けでやっているところがある。でなければ、国技館に額と額の当たる頭突きの音が「ガゴン!」と響くようなことにはならないし、その頭突きが怖くて頭からのぶちかましが出来なければ負けるだけのことだ。弱くていいのなら、相撲などやらないほうがいい。負けたくないから、力士たちは、自分の体をいじめぬいて、死に物狂いで稽古にはげむ。

 ワシャはものごごろが付き始めた頃から、祖父と相撲を観ていた。巡業では初代の若乃花に抱っこしてもらって、だから一時は相撲取りに憧れて、関取になろうかとも思っていた(笑)。しかし、痛いことは嫌だし、なにしろ土に塗れて必死の稽古なんてとても我慢できない。そもそもそんな根性もなかったので、普通に社会人になって、普通の人生を送ってきた。

 だから、この元力士もそうすればいいだけのことで、「コロナが怖いので休場させてくれ」などと言っている場合ではない。心臓の手術をしたということも言っているらしいから、だったら尚更、さっさと辞めるべきだ。

相撲協会はブラックだ」とか「ハラスメントを受けた」とか言っているようだが、相撲界なんて元々そんなところだわさ。いやいや、時津風部屋力士暴行死事件や日馬富士暴行事件以来とても優しくなっている。

 まぁ引退した元序二段力士は稽古嫌いだったというから、相撲界でないところで別の人生を歩めばいいだけのことだ。

 

 このニュースには一瞬驚いた。

《新型コロナ感染の白鵬が退院…嗅覚も戻り13日までに陰性を確認》

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6382158

「新型コロナ感染の白鵬が院退」と読んでしまったんですわ。ワシャの稚拙な脳は、これを「引退」と認識をしたのである。

「おおお、ついに不出来な横綱が土俵から消えるか。善哉善哉」

 そんな満足感も束の間だった。しっかり見れば「引退」ではなく「退院」でした(笑)。

 

 なんだか初場所は土俵以外のところで盛り上がっているようですな。ホントは大関たちに頑張ってもらって、土俵を熱くしてもらいたいのですが・・・。それでもワシャが贔屓にしている宇良関は十両で4連勝と好調だし、愛知県出身の年配力士、パンの山の異名をもつ明瀬山も幕尻で4連勝を続けている。パン生地のような体にぶちゃいくな顔、でも、とても頭のいい受け答えをする35歳だ。28場所ぶりの幕内を楽しんで取っているような感じがいい。相撲もかなり巧くなった。

 取組の前半が楽しいなんて、ちょいと上位陣が不甲斐ない。前頭筆頭で大栄翔が頑張っている。このまま終盤まで大栄翔が白星を重ねて、辛うじて1敗を守っている正代と優勝争いをしてくれるといいなぁ。

 石原慎太郎『男の粋な生き方』(幻冬舎)を読んでいる。帯に《タフであれ。優しくあれ。何ももらわぬ勝者であれ。》《人生を切り開く「覚悟」が定まる全28章!》とあって、これが啓発本の一種であることがわかる。この年齢になってもワシャは新入社員が読むような本を座右に置いているんですな。人生が後半に入っていて、というか第三コーナーを回ったというのに、まだ己の生き方が定まっていないとは、情けないやっちゃ(自嘲)。

 この本の第一章が「酒について」である。石原さんは言う。

《タフに生きていくためには、時々何かに酔わなくちゃならぬことがあるよな、特に男は。何だろうとイントクシケイション、酩酊というのはその瞬間は人間を助けてくれるものだ。》

 銀座あたりの高級クラブのカウンターで、石原さんがグラスを傾けているなんざ格好いいですよね。石原さんほど酒が似合う政治家もいなかったろう。

 石原さんは指摘する。「カクテルを知らない酒飲みは幼稚な酒飲みでしかない」と。

 ううむ、ワシャは石原さんに言われるまでもなく、幼稚な酒飲みですらない。何十年と酒席に顔を出し続けているが、酒自体を美味いと思って飲んだことはなかった。

 いや、そりゃ言いますよ。ビールを最初にぐっと上げた時に「プハーッ!うめえ!」とね。

 熱燗でも品のいい女性に楚々と注がれて呑む一献はこれもたまらなく美味ですなぁ~。

 でもね、酒の種類なんざどうでもいいんでさぁ。焼酎なら芋の湯割りでいい。ビールならよく冷えていて、グラスが生臭くなければ文句は言わない。

 日本酒なら熱燗、飛切燗であればよく、銘柄にそれほどこだわらず飲んでいる。ただし最近流行っているフルーティーなものはいただけない。「酒」という感じがしないのである。

 もちろんカクテルなんかはまったく縁がない。そもそもそういった酒類を扱う店に行かないのである。料理屋、居酒屋、焼肉屋なんてところが主流で、そういった店で、カクテルを扱っているところもあるけれど、よほど頼んだことはない。

 酒というより、その場が好きなのかもしれない。とはいっても、当たりはずれがあって、一刻も早く座を離れたい宴もあるが、そういった時の酒のまずさは飛び切りである。獺祭が出ても、八海山がならんでも、必ず不味い。

 石原さんは言う。

《日本人はあまりカクテルを飲まないが、カクテルというのは複数の酒を混ぜたものだ。酒に限らずものを混ぜるというのは文化的ということなんだよ。ものが混ざるということで初めてアウフヘーベン、向上があるんだ。》

 カクテル談義からアウフヘーベンが出てくるとは思わなかった。これは酒飲みとしてのレベルが違い過ぎる。

 後段に出てくるエピソードで、石原さんがホテルオークラのメインバーで、ドライマティーニを「出来るかね」と老バーテンダーに尋ねると「もちろん」というから注文した。しかしそれが酷いもので「こんなもの飲めるか」と突き返したところを、とある大会社の社長が偶然目撃したらしい。

「石原はこの頃、少し評判がいいのでいい気になっている。あれは見苦しい」と、知人を介して忠告してきたという。

 これに対して石原さんは、「カクテルが何たるかを知らぬ田舎っぺえだ」と斬り捨てたという。そしていいカクテルをつくることのできるバーテンダーを「一種の芸術家」だと言っている。

 知らない芸術はなかなか理解することができない。絵画でも舞台でもかなり勉強をしてからでないと解らないように。

 そういった意味では、カクテルをまったく知らない(ちょっとはしっていますよ)ワシャなんか、石原さんに言わせれば「田舎っぺえ」の最たるものだろう。でもね、同じ舞台でも、歌舞伎もあれば能、狂言もあり、宝塚だってあるわけで、宝塚に興奮するおばさまたちが必ずしも能を理解していて楽しめるかというと、そうでもないような気がする。そんな感じで酒を楽しめばいいような気がしていますが。(つづく)

おもやもや

 時には産経新聞にも文句を言う(笑)。

 今朝の1面、最上段にある「朝の詩」である。一般読者の詩を、詩人が選んで載せている。今日の詩は「コタツ」と題されたものであった。

「コタツのことを 気安くおこたなどと 呼びますが コタツはなんにも怒ったりせず・・・」

こんな感じで始まるあったかい詩なんですが、ワシャは読んだとたんに「え!」と思ったんですね。

「コタツ」という名詞があって「おこた」という呼び方もある。コタツは「炬燵」とか「火燵」と書いて「こたつ」と読ませる。形状が似ていることから「脚立(きゃたつ)」から来ているという説もある。どちらにしも単なる名詞であり、そこに丁寧さは伴わない。

 ところが、「おこた」には「御」の字が冠されている。「御炬燵」から「御こた」になった。宮中の女房言葉である。つまり、めちゃめちゃ丁寧な言葉であった。『京ことば辞典』(東京堂出版)でも、「こたつの丁寧語」と解説している。

 作者は「気安く呼びますがコタツは怒らない」と言う。しかし、「おこた」のほうが丁寧に言っているのであって、「こたつ」のほうが失礼なのである。

 

 ちなみに公家言葉で「おかちん」は「餅」のこと、その餅に餡をまぶすと「おべたべた」となる。餡子で「べたべた」だからでしょうか(笑)。「水」は「おひや」、「酒」は「おっこん」、一献の「献」に「御」を付けたものかな。「漬物」は「おこうこ」、「味噌汁」は「おみおつけ」、「かぼちゃ」は「おかぼ」などと言う。

 この並びに「おこた」も入ってくるから、ワシャら庶民が使う言葉よりも上等と言ってもいい。

 てなことが、選者は判っていて選んでいるのだろうか、そのあたりが朝一番で「もやもや」したが、午前中が「おもやもや」だったので、更新が昼過ぎになってしまった。

 ちなみに「もやもや」は普通に使っているもやもやで、「おもやもや」は「多忙」の公家言葉でござりまする。「ござりまする」も「ございます」よりも丁重な言い方で、さらに上級が「あらしゃいます」となる。

 ことほど左様に日本語は多様で難しく、おもしろいのであった。

絡合とお経と夏目友人帳

 絡合は「絡み合い、もつれ合うこと 物事が互いに関係し合っている具合」ということらしい。

 このことについて(かどうかは定かではないが)、臨済宗松原泰道師が『老いを学ぶ』(社会保険出版社)で、数珠の糸(スートラ)を喩えに出されて、こんなことを言っておられる。

《数珠のひもやレイのひもは表から見えません。表から見えるようになったら、これはもうだいぶ疲れているのです。見えないところで、ひとつひとつをちゃんと貫いてまとめていくものなのです。》

《そのひもは強くなくてはいけませんが、強いだけだとかえって脆いのです。(中略)柔らかくて強いのがもっとも大事だということになるのです。強くて柔らかくて、そして、この硬さ柔らかさがところを得て、ばらばらなものを見えないところで貫いて、一つにまとめていくもの――これがスートラです。》

 昨日、武田先生の言を抜粋した中に、「人体は60兆の細胞からできている。それぞれが独立している。60兆の細胞の連携は神経ではなく、なぜ連携しているのかがよく解らない」ということと「イワシの集合体、大きな敵が襲ってくると、それよりも大きな固まりをつくって対抗する。何千匹というイワシが、どう連絡をつけて、情報交換して統一した行動を取っているのかが解らない」というものを挙げておいた。

 この双方の末尾の「解らない」ということは「見えない」ということで、「人体60兆の細胞をつなぐ糸」、「集合体として回遊するイワシをつなく糸」が見えないけれども、強く柔らかく存在していることを、図らずも武田先生と松原師は言っておられる。

 松原氏の言われる「糸(スートラ)」は=「経」でもある。「法華経」とか「般若心経」の「経」ですね。そして漢字の意味では「経」は「縦糸」のことであり、地球儀の経線の「経」のこと。

 ということから、迷っている一切衆生の本心を悟らしめるように導くのかお経であり、イワシの集団を導くスートラであり、神経細胞をつなぐ糸である。

 これが「絡合」だな。

 さらに言えば、『夏目友人帳』も、実のところ「絡合」に貫かれている。主人公の夏目貴志は人や妖(あやかし)どもと見えない糸でつながっている。それは会ったこともない祖母のレイコとの「絡合」であり、人間である貴志が「あっという間の一生」を完結したあとにも何百年も生きる妖たちの記憶に残る貴志とのつながりである。

「オレにはオレのつながりがあるんです」

 執拗に的場一門入りを進める祓い屋の的場静司に貴志はこう断言している。

 ニャンコ先生は「友人帳をもらうまでの短い間のつきあいさ」と割り切ったようなことをいうが、貴志が亡くなった後も生き続けるニャンコ先生は、貴志との「絡合」を、自身が滅びるまで引きずっていくだろう。

 いやはや、朝の短い時間で、こんなことを考えるのは骨が折れるわい。武田先生、早く「絡合」に関する本を出してくだされ。

絡合

 12月25日の「虎ノ門ニュース」のコーナー「虎ノ門サイエンス」で科学者の武田邦彦先生から提示された言葉が「絡合」であった。

 その言葉をワシャは初めて聴いた。連絡の「絡」と合体の「合」、気になったのでさっそく「広辞苑」で引いたのだが、これが載っていない。「日本国語大辞典」も当たったが、そこにもなかった。

 ネットで調べると、佐俣満夫『天球のラビリンス Ⅳ』(丸善プラネット)という書籍の存在を発見した。この本の副題が「絡合多様体論」であるので、引っ掛かったようだ。お値段は5500円。要旨には「シリーズ第4巻。前半では球体類の波動ポテンシャルによる自己回帰原理を議論し、また従来数学での曲線方程式に代えて1元関数を導入し、球体類の1元関数を紹介する。さらに傾斜楕円などの多積構造を論じる。後半ではビーズリングなどの絡み合った多くの多様体について記述し、さらに球体類の微分構造から得られる微分環チューブを紹介」とある。漢字、ひらがな、カタカナで書かれてはいますが、ワシャには外国語のようで、まったく理解できまヘン。これはワシャの知識では手の出せないレベルの本ですわな(泣)。

「球体類」ってなんやねん。惑星とかのことかいな・・・まさかスーパーボールのことではないでしょうね。「波動ポテンシャル」ってなんだんねん。「自己回帰原理」ってなんでっか?

 この本を購入しても、ワシャの頭では5500円をドブに捨てるようなものなので、購入は断念し、しかし興味本位で読んでみたいということもあって、図書館で探してみるかなぁ。

 

 話を元に戻す。武田先生の言われた「絡合」である。先生の言われることを、多少、アレンジしつつ抜粋する。

〇人体は60兆の細胞からできている。それぞれが独立している。60兆の細胞の連携は神経ではなく、なぜ連携しているのかがよく解らない。

イワシの集合体、大きな敵が襲ってくると、それよりも大きな固まりをつくって対抗する。何千匹というイワシが、どう連絡をつけて、情報交換して統一した行動を取っているのかが解らない。

〇この世の中は「物質(体)」と「情報(頭)」、この2つで全て解釈しようとしているが、そうじゃない。

〇「絡合は二千年前に発見されている。お釈迦様の世界、法華経にそのことが記されある。「すべての物は個別には自性がない」、「絡合(当時はそういう言葉は使っていない)によって存在する」、「物事をみたら人間は個別の存在では生きていけない。人間同士で強い結びつきがあって、はじめてその人が人間になる」

〇科学がヨーロッパで進んだので、相互作用(絡合)の概念が発達しなかった。

〇近代科学は間違っていた。自分の眼に見えるものしか信用しない。また個人が大切だということを、教育基本法でも全面に打ち出している。しかし人間は個人だけでは生きられない。

〇絡合を示す事実はいくらでもあり、特に人生の幸福と直接的に結びついている。

〇亡くなった人間と我々はつながっている。15万年前からネアンデルタールっ人が、亡くなった人と生きている人はつながっていると気がついて、葬送の儀が始まった。

〇絡合は、家族、民族、国家を大切にする。

先の大戦で日本の特攻はいろいろな問題があるが、隊員の死の瞬間のことに特化すれば、特攻隊員は、家族や日本を救うために死ぬので、死に際して特攻隊員は苦しくない。絡合の中で生きていること、全体(過去・現在・未来への壮大なつながり)のために死ぬということが理解できれば楽に死ねる。

〇個として生き、個として死のうとするとこれは苦しい。

〇先祖代々から続いてきて自分が存在し、その遺伝子は民族の多くの中に共有されて、子々孫々につながっていく大きな「絡合」の中の、一経過を、この瞬間に担っているのだと思えばいい。

〇なぜ人間は「死」が苦しいのか?なぜ人間は「喧嘩」をするのか?なぜ人間は「戦争」をするのか?それは人間というものが、自分の頭の中に入っているものだけで現実を判断しようとするからである。人間の欠陥は自分の頭の中にあるものが正しいと思う。自分の頭の中にあるものから判断すると、相手の言っていることが違うということで喧嘩が起きる。

〇自分の頭が100%の事実を摑んでいるかというとそうではない。例えば「宇宙」について人間はどの程度のことを知っているかというと1%のことも知らない。「宇宙」に限らず、科学というものは「未知」がいっぱいある。これらを乗り越えていくために「絡合」が理論化されてくることが必要だ。

〇未知の解明は「物質」「情報」だけではだめで、「絡合」が明らかにされてくることが今後の科学においては重要である。

〇今は「絡合」は物理学だが、これが「歴史学」「哲学」「政治学」「心理学」「宗教学」にも波及していくといい。

 

 こんなことを武田先生は言われた。それでも、アホなワルシャワにはピンとこない。武田先生は「絡合」について本を書かれることを、ジャーナリストの須田慎一郎さんに明言されているので、それを待ちたい。今後、「絡合」、けっこう、注目を浴びていくのではないか・・・と思っている。