安野光雅さん

 昨日、仕事帰りにいつもの本屋さんに立ち寄ったら、安野光雅画伯の『旅の絵本 X』が目に入った。およよ、ワシャはこのシリーズを集めているんですね。もう10作になるのかぁ。疲れた時なんかに開いて安野さんの空想の旅を一緒に楽しんでいるのじゃ。

 安野さんとの出会いは古い。もちろん司馬遼太郎の『街道をゆく』では素敵な作品を拝見させていただいた。しかし、安野さんの画はそれ以前から好きだったんですよ。

『旅の絵本』は昭和52年が初版、ワシャが持っているのは昭和61年の第24刷で、この時に長男が生まれたんですね。それで絵本を買った記憶がある。安野さんが『街道をゆく』に挿絵を描き始めるのが平成3年だったから、やはり『旅の絵本』が先行している。 もちろん赤ん坊には『旅の絵本』はちと早いと思ったけれど、絵本コーナーでこの本を見ていたらどうしても欲しくなってしまいました。見ていて、なんだかほっこりするでしょ。続編も次々と購入し、このシリーズは何冊も持っている。この絵本ばかりは子供のためというより、ワシャの癒しのためであり、ストレスがたまってくると絵本を観て心穏やかにするのであった。

 安野さんは文章も達者で司馬さんのことを記したものなどは秀逸と言っていい。

 ワシャが好きなのは、司馬さんが「人間ドック」を受けないことについての一節である。

《司馬さんは「人間ドック」というものが嫌いだったという。でも医療科学の進歩ということに無理解だったわけではない。日頃の会話から推して、あるいは書かれたものから察するに、剣士のような死生観があったとみえ、その心構えが、人間ドック的に命を大切にするという、人にいわば頼る生き方をいさぎよしとしなかったのだと思われる。》

 こんなことは司馬さんの口からは出てこない。あくまで対象物を鋭く見つめる画家が看破した司馬像であった。

 文章は25文字程度のものが2つ、100文字ほどもものが1つである。語尾をみれば3つともが違うものを使っている。この文章の前後を見ても、同じ語尾が続くのは1カ所のみであった。さらに3つ目の100字の文章は読点で5カ所切られているのだが、「推して」「察するに」「みえ」「心構えが」「という」と見事に変えてあって、リズムも良く読みやすい文章である。

 ワシャもけっこう語尾とか、読点前のくくり方を気にする方で、そういった意味では、安野さんの文章は口に合うものと言っていい。

 そういった文章で、司馬さんの「死生観」を語られると、これはたまりませんわなぁ。上記の文章に続けて、こう書いておられる。

《また、生来あまり好きでない「病院」に出入りする時間に対しては、怠惰であったのかもしれぬ。この死生観は、わたしの目の高さから見たもので、司馬さんのそれはもっと遥かなものだっただろうが、さる戦争を経て、やや捨て鉢な感覚を余儀なくされてきた経験が、あまり命にこだわらない種類の死生観を構築するのに、プラスのはたらきをしているのかもしれぬと思う。》

 ううむ、ご指摘のとおりで、司馬さんの医者嫌いは有名だった。もし、司馬さんが毎年「人間ドック」を受けていれば、医者に足しげく通っていたら、おそらく日本人はさらなる司馬作品に接していたことだろう。でも、格好いい死生観を持っていた司馬さんは竜馬のようにさっさと彼岸に行ってしまった(泣)。

 それにしても後段の文章もいい文章ですね。

「わたしの目の高さ」「遥かなものだった」などは、司馬作品の特徴が「俯瞰」であったことを踏まえたものだし、「司馬遷、遼かなり」から引いている。

「怠惰なんだけどプラスになっている」っていかにも司馬さんの雰囲気が醸されている。

 これらは「濃尾参州記」余話の「司馬千夜一夜」に語られているもので、この一編が本編の紀行文をも抑えて光っているような気がしている。

犯罪者に人権などない

 先月の22日の日記《村西監督のツイート》 https://warusyawa.hateblo.jp/entry/2021/12/22/104333 でこんなことを言っている。 《加害者はキッチリとゲロさせ、最終的には獄門、磔、火炙りでも責任を取らせるべきだが、そのことばかりに目がくらんでしまってはいけない。脇にある問題点もしっかりと検証して、このような悲劇が普通の市民を襲わない仕組みを構築していくことが必要だと考える。》  残念ながら容疑者はなんの責任も取らないまま楽になっちまいやがった。こういう卑怯で身勝手なクソ野郎は言語道断であり、死んだからといって微塵も許すべきものではない。  もちろん支那のように死者に鞭打つようなことは嫌悪する。そういった行為は反吐が出るほどだ。  しかし、このクズは許されるべきではない。今日の産経新聞に、特集が組まれていて、「離婚後に人生が暗転した」とか「復縁を望むも失敗」とか書いてあったけれど、そんなものは健全な普通の人達も経験していることである。それでもみんな頑張って生きているのだ。  それを《多くの人を道連れに死にたいという“ゆがんだ願望”の実現に向け、周到に準備を進めていた》んだとさ。60にもなって何を甘えているのか。  人生に絶望したなら、さっさと自分だけで死ね。人様を巻き込むんじゃねえぞ。  この手犯罪には莫迦な「模倣犯」がついてくる。今回の東大前での馬鹿高校生もそうだったよね。模倣するこいつらは基本的に馬鹿なのだが、この馬鹿どもに解り易く「模倣することはリスクである」と意識させなければ、この手の犯罪はなくならない。  それにはどうするか。この北新地の放火犯、もちろん簡単に荼毘に付してはいけない。極力、そのみっともない姿を模倣者たちに見せつけること、その死体を晒しておくことが重要だ。浜辺で干からびたクラゲのような姿を、100年でも200年でも、ずっと特定施設で干物にして残していく。 「死刑になりたかった」と、この手の犯罪者は言う。おそらく池田小学校の宅間などは死刑執行の際にほくそ笑んでいたのではなかろうか。「死刑」を望むものにとって「死刑」では抑止にはならない。それ以上のものを示さなければクズの犯罪抑止にはならないだろう。  とはいえ、鋸引きとか磔とか八つ裂きなんていう刑は支那じゃないんだからやれないよね。とするなら刑死者に、あるいは今回の放火犯のように死んでしまった犯罪者自身に犯罪抑止のための仕事をしてもらおうではないか。  暴論なのは解っている。だが、お亡くなりになられた方々の無念をどうすればいいのか。ご家族、関係者の悲しみをどう償えばいいのか。  一般の健全な市民に見せるべきものではないが、そういったクズたちは、どんな方法を使ってでも、自分たちの末路を検索する執拗さを持っている。そこで「干からびたクラゲ」を見せつけてやれば、今回の阿呆な高校生も考え直したのではなかろうか?  宅間、京アニのデブ、今回の放火犯、東大前の刺傷犯など、クズはそこいらじゅうに棲息していると見たほうがいい。この暗闇で蠢く連中からどうすれば一般市民を守れるか?  もう犯罪者の「人権」など考えている場合ではない。

地方議員ハラスメント

 2日前の朝日新聞に《地方議員ハラスメント1300事例》という記事があった。

https://www.asahi.com/articles/ASQ1F6HZNQ1FUTFK00S.html

 ネットのニュースでは割愛されているが、新聞紙のほうにはしっかりと例が載っているのでそれを分析していきたい。まずは「議員から議員に」。

《男性議員から「女は顔が良ければ当選できる」「女に政治は無理だ」の言葉を繰り返し浴びせられ、体調に支障を来した。》

 これは女性議員から出た事例だが、しかし「顔が良ければ当選できる」は事実だ。ぶっさいくな候補者とフカキョンみたいな候補者がいれば、現状のポピュリズム民主主義では、間違いなくフカキョンが当選する。だか、これは女性だけに限ったことではなく、鬼瓦みたいなオッサンと福山くんみたいなイケメンであれば、これも絶対に福山くんに軍配が上がる。事実、某市の市長夫人は、市議会議員のポスターを見て、「この候補者、イケメンだからこの人にする」と言っていた。ビジュアルというものはある程度必要なものなのである。

 でもね、この事例を上げた女性議員は自分のことを「顔がいい」と思っているんだね(笑)。だって、その認識がなければなにを言われても「私のことじゃないし」と聞き流すこともできるはずだ。「私は美人よ」としょっているから、そう言われて傷つくわけである。「私、ブスでも当選できたもんね」と思っていればどうということはなかったのでは?

 その後に言われている「女に政治は無理だ」ということは全くない。その体調に支障を来した自称美人の議員はもう少し勉強したほうがいい。というか対話術の訓練をやんなはれ。

 ワシャが見眼麗しい女性議員だとして、そう言われたら、「オッサン、冗談は顔だけにしておくんなはれ。イギリスの名宰相サッチャーは男でしたか?ドイツで安定政権をつくったメルケル首相は男でしたか?台湾を必死に守っている蔡英文は男でしたか?」と、このくらいは言い返そうよ。

 さらに言えば、この程度のことを言われて、体調に支障を来すようなら政治家は向いていないから辞めたほうがいい。

《慣習を理由に、お茶くみを女性議員にさせる》

 おいお~い、ワシャの知っている男性議員は率先してお茶くみをしてまっせ。そんな働き者のいない議会でも、動きの悪い男性議員はいるでしょ。彼らに、彼らよりもレベルの高い仕事ができるところを見せ付けてご覧なさい。男性議員がお茶くみをやってくれるから、試してくだされ。

《「新人は黙って勉強していろ」「1年生は後回しだ」と議会の質問機会が奪われる》

 むふふふふ、これなんかもっと簡単で、新人が古参議員に圧倒的な能力の違いを見せつければ、絶対にそんなセリフは吐いてこなくなる。そう言われているとしたら本当に勉強が足りてないと思うよ。それにね、古参議員でとやかく言うヤツ、年功にこだわるヤツに限って勉強などしていない。そういうヤツって、経験則でモノを言うぐらいしかできないんですわ。話をしてみると行政の業務に関しては驚くほど知らないことが多い。もちろん例外的に優秀な人もいるけれど、そういったモノのいい人は「新人は・・・」などという詰まらぬことは言いません。ぜひ、愚かな古参を見返すために3ヶ月くらい死に物狂いで勉強し、実力の差を見せつけてやれば、屁もこかなくなりまっせ。

《酒席でチークダンスを強要され、胸などを触られる》

 ホントですか?どこの昭和議会ですか??少なくともワシャの知っている議会で、そんなことを強要するのは見たことがない。

 次に「有権者から議員に」。

《当選は俺のおかげだと、無理やりキスされたり、身体接触を求められたりする》

 これは犯罪ではないですか?

 スケベーなジジイ、とくに後援会の重鎮あたりにこういう枯れていないジジイがいる可能性は高い。とくに候補者がジンビーな場合、こう言ったケースも当然あるだろう。元代議士の金子恵美さんなどはジンビーだからかなりそういった被害に遭っていることを告白している。でもね、そういったシーンになりそうなときには、満面の笑みで「これって間違いなくセクシャルハラスメントですよね」と指摘してやればいい。それでも迫ってくるエロジジイには「録音してますよ」くらいの反撃はしよう。「そんなことを言うならお前を応援しない」というなら、どうどうと不支援を甘受すればいい。

 ワシャの知っているぶっさいくで性格の悪い女性議員は、後援会長からセクハラを受けるどころか「顔も見たくない」と言われたそうだ。ブスで性格が悪いと後援会長すら寄ってこない。それがいいのかどうか。

《街頭演説で「美人だから票が入ると思うなよ」とヤジられた》

 自慢?そんなことを内閣府からの調査に書きますか? この回答を書いた女性議員って、冒頭の体調を崩した人ではないか?自分で自分のことを美人だと言ってしまっている(笑)。まぁこのくらい思い込みが強くなければ政治家などやれるものでもないけれど、こういった「ハラスメント実例」を見る限り、まだまだ日本の政治家のレベルは低め安定と言わざるを得ない。

大相撲初場所6日目

 昨日の初場所は見ごたえがあった。といっても仕事を終えて自宅に帰ったのが5時半ごろだったので、間に合ったのは最後の6番でしたがね。

 でも、その6番がよかった。ワシャのご贔屓の宇良が霧馬山との対戦で、宇良はここまで上位陣に当てられて、1勝3敗と苦しい星だ。相手の霧馬山も宇良同様に三役ばかりに当てられて、ここまで不戦勝の1勝しか上げていないけれど、なかなかの相撲巧者で油断の出来ない相手。しかし、ここは宇良が上手く取って、霧馬山の背中にくっついて送りだしを決めた。見ていてとてもユーモラスな取り組みとなった。こういったところも宇良ならではであり、この力士には怪我をせずに幕内上位で長く相撲を取ってもらいたい。

 つづく若隆景-明生もいい一番だった。28歳と27歳の若武者の勝負で、ワシャ的には若隆景を応援しているのだが、これも1勝4敗と振るわなかった若隆景が押し出しで明生を破って2連勝をした。

 その次が全勝の御嶽海と遠藤である。ここは優勝争いを楽しくするためにも御嶽海に全勝を守ってもらいたいところ。遠藤も贔屓なんだけど、辛抱して北設顔の御嶽海を応援する。おおお、御嶽海、怒涛の電車道であっという間に遠藤を土俵の外へ押し出してしまった。

 そしてなにより打ち止めの一番、横綱照ノ富士と平幕玉鷲である。どう見ても盤石の横綱、そして玉鷲は、奇策を弄さず真面目な相撲をとる幕内最年長の37歳、これはモンゴルの後輩の照ノ富士が圧倒的に有利な一戦だった。

 ところが玉鷲、右はず、左のどわで照ノ富士を土俵際まで追い込んだ。とはいえ横綱、まったく動じずここから反転攻勢をかけてくる・・・と思いきや足を滑らせた。ところがどっこい横綱、再度体勢を立て直し・・・となるはずなのだが、玉鷲、そこを見逃さず突き落として、横綱は両の手を土俵に付けてしまった。

 両国国技館は地鳴りのような喝采が起った。絶好調の横綱に土がついたのだ。もちろんワシャんちのテレビ桟敷でもオッサンが絶叫していた。

 これで初場所がおもしろくなる。ワシャは白鵬の時からそう思っているのだが、最強の横綱の存在は、短期的には相撲の興隆に寄与するけれども、あまりにも一強が続くと、大相撲自体がおもしろくなくなる。いろいろな顔ぶれが戦って、個性豊かな多くの力士にスポットが当たるのがいいと思っているからね。

 最終的に照ノ富士が優勝してもいいい。しかし、下位の力士にハンディを与えるためにも前半で1敗くらいしておきなさいよ。その方が可愛げがあるというもの。これで御嶽海、阿炎が全勝で突き進み、それを1敗で好調の横綱とベテランの玉鷲が追う、いい展開ではありませんか。

 さあ今日もさっさと仕事を済ませて、ルービー片手にテレビ桟敷の前に座ろうっと。

 大相撲ファンの中では、かなり前から「溜席の妖精」というあだ名の女性が話題になっている。詳しくはここね。

https://www.ggg-channel.com/sumo-mysterymadom

 ワシャ的には、溜席に女性が来ようが、芸者衆が座ろうが、高須先生がおられようが、相撲が大事なので、あまり興味がない。しかし、九州場所も含めてずっと溜席のどこかに座っているので、やはり目についてしまう。

 この女性、とても姿勢がいいのである。すっと背筋を伸ばして土俵に正対して正座をしたまま動かず、取り組みの最中でも、行司が視界をさえぎる時に、若干頭が動く程度で、大きな動作をすることがない。入場してきた時を見たことがあるのだが、溜席につくと手荷物やコートを脇にきっちりとまとめ、お尻に小ぶりの正座椅子を当てて、その後、スカートの裾をきちんと直す。そして背筋を伸ばすともうこれで不動の状態となる。

 これほど躾のいいお嬢さんを見たことがない。ワシャが溜席に座っていれば、だらしなくあぐらを崩し、猫背で、体を右へ左へ動かして、ときにはケツをポリポリ掻いたりするだろう。だからこういったお育ちのよいお嬢様には一目も二目を置きたい。こういった階級の方が、健全な社会には必ず一定数はいなければダメだ。

 そういった意味では、伝統の相撲の場で、公家か武家の娘のようなお嬢さんを拝見するのもとてもいいことだと思う。「ああ、日本人でよかった」と一入感じさせてくれるのである。

 そういった意味からも、今場所の大相撲からは目が離せなくなった。めでたしめでたし。

見栄を張る

 ちょっと見直しかけていたんだが、玉木代表、やはり阿呆だったか(苦笑)。

《国民民主党都民ファーストの会、合流へ 近く正式発表》

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b86504abbeb79d171b54f90a45e72d4e7c112d

 組むべきは小池百合子ではないでしょうに。こういった軽薄なミスがこの人の特徴だね。

 愛知県知事のリコール運動で事務局長だった人のもつ雰囲気と似たようなものを感じていたが、それを裏付けるような事柄が百田尚樹さんのツイートに上がっていたので記録しておきたい。

《国民民主党玉木雄一郎党首は、私に「年末年始に『新版・日本国紀』を読了する」と2度にわたってメールで強くおっしゃいました。その言葉を信じたアホの百田くんは、先日、玉木氏に「読まれましたか?」とメールで訊きました。3日経っても変身はありません。》

《私は、他人に対して、その人の原稿や本を「読む」と言ったら、何が何でも読みます。それが信義だと思っているからです。しかし何を信義とするかは、人によって違います。》

《忙しくて読めなかったということもあると思います。私も大人ですから、そういう事情は理解します。しかし、その場合は、そう言ってほしい。3日もメールを無視するのはどうかと思う。いずれにしても、今後、私が玉木雄一郎氏を信用することはありません。》

 口先で言っていることと、行動が違うという典型でしょ。これって「知事リコール」で不正を働いたバカとまったく同様にウソが垣間見える。

 この署名偽造犯のオッサン、久しぶりにテレビクルーに捕まっていた。その映像なんだけど、以前、セットもきっちりと決め、ビシッとスーツを着ていた事務局長とは同一人物には見えなかった。なんだか貧乏くさいジャンバーを着崩して、以前は整えられていた髪型も長髪のぼさぼさになっている。そこまで変わるかオッサン。落差、あり過ぎちゃうのん?

 ワシャの知り合いの市議会議員のT君は、スーツをあまり着たがらない。いつもジャケットにコッパンくらいの格好にネクタイを締めて日々の活動をしている。そうしたらね、古参議員に「スーツを着てこい」って言われたそうな(笑)。

 でも、T君、天邪鬼だから言うことをきかない。スーツは本会議に着るくらいで、普段はジャケットを愛用し、ジャケットと違った風合いのスラックス・コッパンを好んで履いている。  あるときワシャが「スーツのが楽でいいじゃん」と言うと、こう返してきた。

「たしかにスーツにすると楽なんですが、そうするとコーディネートを工夫しなくなっちゃうんで、だんだんなまくらになっちゃうんですよ。出勤前の頭の体操だと思ってわざとやってます」

 ふ~ん、なるほどね。

 おそらくTくんは、その職を退いても見た感じはそう変わらないだろうね。でも、スーツでビシッと決めていた件の事務局長も、犯罪者になってからは尾羽打ち枯らした姿をテレビに晒されていた。でもね、落ちぶれたといえども元愛知県議会議員様なんだから、そこはそれ「武士は食わねど高楊枝」で、「見栄」をしっかりと張ってくだされ。そこの浅い見栄だからケチな犯罪に手を染めて、テドロス知事に「最悪」とか言われちゃうんでヤンス。

 玉木党首も、見栄を張るためなら2~3日徹夜したって読んでおきなさいよ。なにをやっていらっしゃるやら。

大人は多くを語らず

 このオッサン、ここまで言わなければまともな知事という評価が受けられるのに・・・。

《大村知事「民主主義の中で最も悪質」 リコール不正の有罪判決受け》 https://news.yahoo.co.jp/articles/9e6317ad2a51aa298a9a031b1f9f06923e1d1176

《愛知県の大村秀章知事は12日、自身に対するリコール(解職請求)を巡る署名偽造事件で広告関連会社の前社長に下された有罪判決を受け、記者会見で「戦後の民主主義の中で最も悪質と言っても過言ではない」と指摘。「事件の実態解明は、まだ緒に就いたばかりだ」と述べ、署名活動団体会長の高須克弥氏と、支援した河村たかし名古屋市長に対し「事実関係を明らかにしていく責務がある」と求めた。》

 出たがりで出しゃばりなのはしようがないが、もう還暦をこえている。もう少し落ち着いた方がいい。

戦後民主主義の中で最も悪質と言っても過言ではない」って、確かにそうなのだが、戦後民主主義の中でもまれな「知事のリコール」をかけられたのは誰だったっけ。そもそも、リコールが適正に行われ、たとえそれが基準の数値に届かなくとも、知事としてこれほど恥ずかしいこともあるまい。まずはその発端のところに思いを馳せられれば、目を剥いて「戦後民主主義の・・・」などと叫ぶことの愚かしさに気がつくだろう。それでなくとも怖い顔なんだから、そこはそれ、静かな口調で「そうですか、有罪判決が出ましたか。今後の推移を見守りたいですね」とか言っておけば一枚も二枚も株が上がったものを。

 どちらにしても、この一連の騒動で、大村秀章という政治家があまり物事を熟考するタイプではなく、津田大介あたりの和式リベラルに乗せられて、反日プロパガンダを「言論の自由」と言ってはばからない阿呆であることがよく見えた。

 その点で高須先生は男らしかった。物事を深く考えない河村ミャーミャー市長と、「先生」になることしか頭にない口先男に騙されてしまったわけだが、ヘンにべらべらと言い訳をせず「とくにありません」とコメントしただけ。軽薄な河村市長を絶交したことで高須先生はすべてを体現しているからね。 高須先生の義憤にかられて名古屋まで応援に行った有本香さん、百田尚樹さん、竹田恒泰さん、武田邦彦さんたちも、メダルを噛むことくらいしかできない河村市長に愛想を尽かしてしまった。 もちろん中身のない和式リベラルの津田に踊らされたメンツだけの知事などは端から相手にしていない。しかし、愛知・名古屋ではこういった信念のないポピュリストの人気が高いこともまた事実で、ワシャのような考え方は極々少数なのである。

 名古屋市民には「河村さん、ああ見えてもいい人だよ」と言われたし、愛知県民には「不自由展開催のどこが悪いの?」と聞き返されてしまった。

「文藝春秋」藤原正彦さんの言をもう一度引いておく。

《民主主義の欠陥は「国民主権」が、「国民が成熟した判断を下せる」という永遠に満たされない前提の上に成り立っていることだ。民主主義とはほとんど常に衆愚政治でありポピュリズムなのだ。》

最新の文藝春秋から

 昨日のBSフジのプライムニュースに高市早苗政調会長が出演されていた。相変わらずの小気味いいやり取りを聴き、「ああ、この人が総理大臣になっていれば東アジア情勢が劇的に改善されていただろう」と感じた。なにしろ、支那に気ばっかり使って、欧米諸国に軽んじられている「しっかり先送り岸田内閣」では、ホント心もとないんですわ(泣)。

 

 さて、そのプライムニュースの中で、司会の反町さんがガラガラ声でこう言った。

「安倍さんが文藝春秋高市さんをこう評しているんですよ」

 その時に反町さんが示したパネルには「高市さんは、真面目で勉強熱心なうえ、胆力もあります。ただ、いささか真面目過ぎて、何でも自分で引き受けてしまうところがたまに瑕」と書いてある。

 これはまさに昨日発売の「文藝春秋」2月号の安倍晋三前首相の寄稿のなかにある言葉で、安倍さんが高市政調会長に高い評価をしていることが行間から見えてくる。

 この2月号には岸田総理の緊急寄稿も載っている。こちらは安倍さんの稿の後に読んだけれども、ううむ、なんだが公約集を読まされたような読後感で、「モノから人へ」、「官民連携」、「地方活性化」というようなすでに言い尽くされたキーワードが「新しい資本主義」実現のためのファクトだと言われてもねぇ(笑)。

 それでも、安倍さんと岸田総理の稿が並んで読むことができて、面白かった。さらにはエマニュエル・トッドや、今月の課題図書の著者である批評家の先崎彰容さんの寄稿もあり久々に読み甲斐のある号となっている。

 

 とくによかったのが巻頭言の藤原正彦さんの「民主主義という幻想」だった。

《民主主義の致命的欠陥は「国民主権」が「国民が成熟した判断が下せる」という永遠に満たされない前提の上に成り立っていることだ。民主主義とはほとんど常に衆愚政治でありポピュリズムなのだ。》

 まさに仰るとおり。

 先週末に「衆愚」を説かせたら第一人者と言っていい呉智英さんのお話を伺ったばかりだったので、さらに合点がいった。

 ううむ、高市さんに負けないように勉強しなくっちゃいけない。なんのこっちゃ(笑)。