台湾

 司馬遼太郎のエッセイ集『司馬遼太郎が考えたこと』(新潮社)の第15巻に「三度目の台湾」という650字程度のごく短いエッセイがある。字数としては天下の「天声人語」と同じくらいなのだが、内容は司馬さんの圧勝だ。

 司馬さんは、《台湾の人と街角ですれちがったり、廊下で立ち話をする程度が楽しくて、やってくるのである。》と三度目の訪台を言い訳している。

 そして、台湾人がいかに日本を理解しているかについて、《この地の年配の人達には高度な日本語の理解者が多い。俳人も、歌人もいる。》と述べる。

 また、当時71歳の李登輝総統の言として「私は22歳まで日本人だったんです」を紹介している。うれしいじゃありませんか。

 さらに司馬さんは続ける。

《六十以上の人達にはNHK衛星放送を通じて大相撲のファンが多く、それも舞の海旭道山、智ノ花という柔よく剛を制すといった小兵力士に肩入れする人がすくなくない。皇室ファンもいる。高砂族(山地同胞)の人達の多くは、いまだに日本語をつかう生活をしている。》

 冷静な観察者である司馬さんが言うのである。このエッセイが書かれた平成6年の台湾の親日状況はかなり高い。

《だからどうだというのではなく、この年齢層があと十年で稀少になるだろうとおもうと、失われてゆく私自身とかれらとの“同郷”を、たがいが元気なうちに見確かめておきたいというだけのことである。》

 司馬さんが対象に向ける視線はつねに優しい。とくに1回目、2回目の台湾訪問で書かれた『街道をゆく 台湾紀行』は日台関係、東アジアの文明論として秀逸だ。

 日本と台湾の将来を見確かめたいと言っていた司馬さんは、この訪台後、2年を待たずして彼岸に逝ってしまった。司馬さんが生きておられて、今回の李登輝の後継蔡英文氏の圧勝を見確かめられたとき、どのような感慨を持ったのか、もう知る由もないけれど、李登輝さんとの友情を築いておられた司馬さんのことだから、きっと祝意を表しておられただろう。

 もちろん、司馬さんの弟子だと勝手に言っているワシャも、大いにうれしいのである。

 司馬さんが『台湾紀行』でこう言われている。

「一個の人間の痛覚として、私は台湾の未来が気がかりなのである」

 台湾を守ることは、日本を守ることである。東アジアの秩序を、支那ファシストどもに蹂躙させてはならない。

堂々と旗を振る

 ネットで配信されている「深層深入り虎ノ門ニュース」でジャーナリストの有本香さんが朝日新聞111日の社説のことをボロクソに取り上げていた。

 いかん、ワシャは111日の朝日の社説を読んでいなかった。そんなに楽しい社説があったとは・・・。読んでいれば、悪口雑言をその日の日記に書いたのだが、その日は、忙しくて紙面を丁寧に確認していない。迂闊だった。

 そこで、新聞を探したのだが、一昨日に廃品回収があって、その時に出してしまっていた。普通は1ヶ月くらいは取ってあるんだけどね(泣)。仕方がないので、駅前の図書館に行って、コピーしてきましたがな(泣)。

 

 いやー、すごい社説だ。さすが売国朝日新聞の面目躍如だった。論旨が完全に反日韓国大応援の駄文である。題は「東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう」である。

 内容は無いよう。でも、いかにもな部分を抜粋しておく。

《「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人がいる。戦後75年が過ぎても、そうした人々から見れば、日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない。》

「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人がいる。それは確かだ。しかし、75年前以前の「戦争の暗い記憶」に起因するものではない。

 考えてくだされ。朝鮮半島では戦争はなかった。どの都市も爆撃を受けていない。おそらく小学生くらいであれば、生活は苦しかったが戦争の悲惨さというものは体験していないはずだ。とすると、現在85歳以下の韓国人は、「戦争の暗い記憶」がそもそもないんですよ。沖縄であったり、B29に街を焼き尽くされた本土では「戦争の暗い記憶」を残している人がいるだろう。しかし、朝鮮半島では有り得ない。なにもなかったのだから。

 では、彼の地の人々は何に「複雑な感情を抱く」のか?それは「劣等感」であろう。江戸期まで、日本を蛮夷の地と見下してきた。実は6世紀に支那冊封体制から脱した日本は、朝鮮半島の民族とは違って格別の発展を遂げてきた。しかし、朝鮮半島の民族は、その後も支那宗主国と奉って、自らは属国とはいえ小中華をつねに意識して、支那の模倣に努めた。

 東の海の中にある蛮族など何するものぞと、意識の上では常に勝っていると確信していたのである。ファンタジーを千年にわたって抱き続けた。ところが、16世紀末に、襲来した蛮族にはあっけなく蹴散らされ、19世紀になると、南からやってきた蛮族や、北から降りてきた狄族に国土を蹂躙される危機に見まわれる。

 そこで登場したのが、自分たちより格下と信じてやまない日本だった。日本は明治に入って国力を高め、朝鮮の宗主国である清に勝って、生意気にも手を差し伸べてきた。

 それが許せないのである。自分たちのほうが上等な人間であり、日本は儒学もままならない野蛮な民族なのだ。第二次世界大戦の記憶などないのに、「日本」を憎んで憎んで憎みきらないと、自分たちの千年のアイデンティティが否定されてしまうのである。「日の丸」を掲げる行為そのものが、千年の怨念を呼び覚ますのである。朝日の社説、根本的なところから狂っている。

《昨年のラグビーW杯の観客席でも一部で旭日旗が振られた。わざわざ国際競技の場に持ち込む人の目的は何だろう。快く思わない人たちがいることがわかっている旗を意図的に振る行為に「政治的主張」はないといえるのだろうか。》

 韓国では、「東京五輪旭日旗を振るのを禁止すべき」という声が上がっている。前述したように、「旭日旗」は「日の丸」に準じる日本を代表する旗である。これを、韓国人のファンタジーで振ることさえ許されないとしたら、日本人の旗を振る自由はどこに行ってしまったのだろう。

 

 韓国には旭日旗に蹂躙された歴史などない。併合された時代が屈辱だというなら、それは「旭日旗」ではなくむしろ「日の丸」に対してだろう。しかし、「日の丸」に対して「複雑な感情を抱く」と、これこそ日韓の決定的な決裂になってしまうので、「旭日旗」にしておこうというのはゆすりたかりの技術的な話でしかない。

 

 そんな韓国の肩を一方的に持っているのが、朝日新聞紙の社説ということである。読んで不愉快になる人は、まともな人である。

 そして、五輪では堂々と「旭日旗」も振って、日本選手を応援しよう。なにしろ朝日新聞と逆のことをやると、正しい行いになるという皮肉な結果が出まくっているからね。

帰宅の前に本を何冊か

 昨日、仕事帰りにいつもの本屋に寄る。別段、なにを買うという目的もないまま、本棚を眺めていただけなんですよ。でもね、目が引っ掛かってしまうんですね。

 

宮崎正弘『チャイナチ 崩れゆく独裁国家中国』(徳間書店

 うふふふ、1400円の本なので、それほど内容に期待はしていないが、「チャイナチ」というワードに引かれてしまった。

 

加藤浩子『音楽で楽しむ名画』(平凡社新書

 副題に「フェルメールからシャガールまで」とあって、ワシャの好きな画家2人の名前があっては購入せざるを得ない。中を見れば、ゴッホ、カラバッジョ、ベラスケス、ルノワールダ・ヴィンチクリムトミュシャなどと音楽の関わりが説明してあっておもしろい。クリムトミュシャが載っていたので2冊買ってしまおうかと思ったくらいでしたぞ。

 

『平成世相風俗史年表19892019』(河出書房新社

 この本を何気なく手に取った。本のサイズは普通の単行本といった体で、題もさして興味が湧くものでもない。値段を見たら4620円もするではあ~りませんか。ボリュームとしては280ページほどでしかなく、「え!これでこの値段なの」とちょいと驚いた。

 でもね、よくよく見れば、ちょっとした平成風俗事典なのである。巻末には詳細な索引もあって、ところどこと拾い読みをすると、かなり懐かしいし、時代の変遷などを感じるなぁ。項目は「映画」「音楽」「スポーツ」「テレビ」など14に分類され、解かりやすくなっている。

 平成3年に「じゃ、あーりませんか」という項があって、これは吉本新喜劇のチャーリー浜のギャグであることが解説されている。ワシャもこの「あ~りませんか」は時々使うくらい親しんでいる。今日も上記に出てきますよね。

 その項を引く。

《たけし、さんま、タモリのパワーがやや下降気味となり、注目を集めたのが「パチパチパンチ」(島木譲二)、「アヘ、アヘ、アヘ」(間寛平)(中略)チャーリー浜のギャグは10年以上前からやっているもので、偉大なるマンネリがかえって新鮮で東京で受けた。》

 それから27年、それらのギャグはワシャの日記程度で扱うくらいでほとんど「死語」になっているのではないか。反対に「たけし、さんま、タモリ」は相変わらず、テレビ界の大御所となって君臨している。真の実力とはこういったものであろう。

 翌年の平成4年の今日、赤化著しかった自民党の弱腰首相の宮沢喜一従軍慰安婦の問題について、韓国に「公式謝罪」している。このあたりから韓国が付け上がってくるのだが、その責任は赤化自民にも大いにあると断じていい。それがその後、どれほど日本に祟ったことか。その反省の泥沼から脱するのに、実に四半世紀を要したことになる。

 宮沢喜一、歴代総理の中でもバカで有名だった。東大卒の官僚出身で、チマチマした計算は得意なんだけど、大局観がまったくなく、気迫も気概もなかった。このマヌケ首相が、平成5年に田原総一郎に突っ込まれて「政治改革をやります」と嘘をこいて、自民党長期政権を崩壊させてしまう。政権が交代して、首相になった細川護煕もその年の11月に訪韓し「従軍慰安婦」「創氏改名」などに深謝している。現在では、これらがまったく出鱈目の歴史であることが証明されているが、あのころはホントに弱腰外交だったんだね。

 平成6年には、当時の法相が「南京大虐殺はでっちあげ」と発言し、辞任に追い込まれた。本当のことを言って世論から糾弾をされるというヘンな時代だった。

 そして世紀末の最悪の年が平成7年だった。1月17日に阪神・淡路大震災が発生し6434人もの尊い命が失われた。そして3月20日、地下鉄サリン事件オウム真理教によって引き起こされた。

 この頃は、社会党の村山政権で、それを自民党が支えるという「赤化自民」の著しかった時代で、もうどん底の年だったなぁ。

 

 などということが思い出されるおもしろい資料でした。安い買い物をしたわい。

 

白鵬休場

 大相撲が俄然おもしろくなってきた。横綱白鵬が休場したのじゃ。ワシャはわがままで独善的な大相撲ファンとして、これまでの白鵬の態度については苦々しく思っていた。なにしろ土俵上での態度が悪い。懸賞金を受け取った後にガッツポーズをしたり、相手が土俵を割っているのにも関わらず、ダメ押しをして土俵から転落させたり。大相撲の頂点たる横綱の態度からは、かけ離れた不良力士と言っていい。

 強ければなんでも許されるという格闘技と、大相撲は違うということを親方の宮城野は教えるべきだった。残念ながら幕尻をわずかな期間しか経験していない宮城野には白鵬の英才教育は難しかった。

これが、千代の富士とか北の湖であれば、大横綱としての横綱の有り様などを、躾けることができたのだろう。が、いかんせん宮城野では力量不足であった。まことに惜しまれることであるが稀代の名横綱になるはずが、歪な横柄横綱に育ってしまった。優勝回数などどうでもいいのだ。土俵上でも土俵を降りても、全力士の模範となるような横綱であってくれれば、白鵬は大相撲の歴史にその名を刻んだことであろう。しかし現実は皮肉で、ただ強いばかりの歪なシロモノが出来上がってしまった。

 かち上げにしてもそうだ。大横綱はヘンに奇をてらった相撲は許されない。横綱相撲と言うではないか。悠々と下位力士を受け止めて、その後に余裕をもってねじ伏せていく。その妙が大相撲の醍醐味と言っていい。だから、横綱は力の衰えを感じると、すぐに土俵を去っていく。汚い手や横綱らしくない相撲を取ってまで、土俵に残ることはしない。その潔さが横綱の美学なのである。

 残念ながら、白鵬には大横綱としての自覚も矜持もない。ただ単に勝ち続けたいという浅ましさと、常に強者でいたいという傲慢さしか見えてこないのである。

 初場所の2日目結び前の一番。白鵬お得意の張り差しとかち上げが不発に終わり、遠藤の切り返しに仰向けに倒された白鵬。その背中にべったりと土が着いていた。白鵬が立ち上がると、歓声とともに何枚もの座布団が飛んだ。

 おっと、モンゴル力士だから差別されているなんてことはないんですよ。ヒールの強い横綱が土を着けられれば、大相撲ファンは番狂わせに大喜びをする。それは北の海であろうと千代の富士であろうとそうだった。

 とくに白鵬は先場所の遠藤戦で、右ひじでかち上げて流血の相撲となって、白鵬が勝っている。それをファンは覚えていた。判官びいきではないが、肘打ちをするために肘にサポーターを巻いているような横綱を誰が応援しますかいな。平幕の遠藤ですら土俵に上がるに、体から包帯だのサポーターだのを外してきれいな姿で相撲を取るように努めている。それが、肘打ちを食らわせるための肘の防御にサポーターをしている横綱なんて、尊敬されるわけがない。

 3日目結びの一番。前頭筆頭の妙義龍が白鵬に土を着けた。3日目で2敗である。「これは今場所おもしろくなるな」と思った。

 何しろ白鵬の相撲は品がないのでおもしろくない。だから、白鵬が引っ込んでくれれば、横綱鶴竜大関貴景勝を軸に場所が動いていけばいいのである。朝の山は調子がいいし、遠藤、北勝富士、正代と20代後半の力士も前頭の上位で頑張っている。若手が頑張って、面白い場所にしてくだされ。

無惨天声人語

  ワシャは朝日新聞の「天声人語」ばかりを気にしているほど暇ではないのだ。しかし、朝刊が届き紙面に目をやると、引っ掛かりというか、違和感を覚えて、ついつい読んでしまう(泣)。前回が5日前ですぜ。一週間も経たずして、また愚コラムを売ってくるとは、天声人語くん、なにをやっているのか。「くん」付けもしたくなくなるくらい劣化が激しい。これを書き写せとは、言語道断、天声人語道断だ(なんのこっちゃ)。

 先月の18日に《劣天声人語》と題して書いた。

https://warusyawa.hateblo.jp/entry/2019/12/18/103344

《今朝の「天声人語」が酷い。こんなのなら中学生でも書ける。毎年、住友生命が発表している「創作四字熟語」を11個、年間の事件とともに並べただけのもの。》と嘆いたばかりである。

 そうしたらまた、東洋大学が出している「現代学生百人一首」なるものから、短歌を並べるだけという暴挙をコラムでやりやがった。前の「羅列コラム」から1か月経っていない。それでまた「羅列コラム」をやるか。

 いいですか、天声人語600字しかない。その600字中218文字を応募短歌6首と作者名で埋めてしまう。それに陳腐な感想を付けて303文字を費やす。

「魂が揺さぶられる」

「だれもがとまどう思春期」

「エールを送りたい」

「若き季節は一瞬のきらめき」

 冒頭の「出典説明」で59文字を使っているから、トータルで580字。だから、残りは20文字程度しか残っていない。その貴重な天声人語担当者の文章がこれだ。

《入選作も選に漏れた歌もかわらず伸びやかだ。》

 要するに天声人語くんの頭で考えたのはこれだけで、これはたいそう楽な仕事ですな。

 というか、筆で立つものとして、これを全国紙の1面にさらけ出して恥ずかしくないか。こんなものはコラムではない。もっと勉強しろよ。朝日新聞紙のお歴々。

蝉丸

 昨日、名古屋能楽堂で「蝉丸」を観る。

蝉丸というのは、百人一首で「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」を詠った蝉丸法師のことである。醍醐天皇の第四皇子で、琵琶の名手であり歌人でもあった。

 逢坂山の庵に幽居し、夢枕獏さんの『陰陽師』で活躍する源博雅とも交流があり、蝉丸自身も『陰陽師』の話に登場している。

 逢坂関は、京を守る東の関であり、逢坂の関を越えて東山道が始まる。その関にいたる坂の神と蝉丸が集合し「関明神」として祀られたと『無名抄』にある。

 お能の「蝉丸」である。実はワシャの知人が能舞台に登場するということで、声をかけてもらったので、能楽堂まで足を運んだ。

 お能の「蝉丸」はざっとこんな話です。

 

 皇子の蝉丸は生まれつきの目しいだった。これは前世の罪であろうと、父の帝は、臣の清貫に命じて、蝉丸を逢坂山に捨てて出家をさせる。そのことを不憫に思った博雅三位(はくがのさんみ)が小屋を建てて献上する。

  一方、蝉丸の姉宮の逆髪(さかがみ)は心を乱して都を彷徨い、やがて逢坂山にやって来る。姉弟の再会が、甘美に舞台で展開する。

  最後に、互いの身の不運を嘆き合い、やがて逆髪はいずこともなく立ち去っていく。

 

 ワシャの知人はシテの逆髪を演じた。知人は素人なのだが、長い間、観世流の学び、この度初の面をつけての舞台となった。その他の出演者は、皆さんプロでアイの博雅三位を狂言方野村又三郎がつとめたし、囃子方も有料の能舞台で拝見するプロばかりが居並んでいる。そんなことからも見ごたえのある舞台となった。

 

 しかし、名古屋能楽堂には、どうだろう100人くらい入っていただろうか。会場全体のキャパから考えると、閑散とした入りと言っていい。これは、有料のプロのお能でもそうである。残念ながら、一般の人には取っ付きにくいというか、ワシャが友だちを誘う時には事前に「謡曲」の写しを渡すか、ストーリーをあらかじめ説明しておく。それでもお能という芸能はかなり敷居が高い。

 だから、文楽のように「字幕」を採用すればいいと思っている。シテ柱、目付柱、ワキ柱が客席に面を向けているじゃないか。そこに語りの文を流していくだけでも、舞台の理解は随分と進むはずである。

「定めなき世のなかなかに憂きことや頼みなるらん~」とのべられても、現代人にはなかなか言葉として消化しにくい。しかし、目で確認するとなんとなく解かるでしょ。さらに言えば、「現代語訳」を流せば一層の理解がはかられること請け合いですぞ。

 文楽はそれでかなり浸透している。お能も大切な伝統文化であるので、ぜひとも、一般に解りやすい形態を採り入れていただけるとありがたい。

 

 本題にもどす。

「蝉丸」の主題は「生き変り、死に変わり、魂は、絶えることなく流転していく。この世のおこないが、後の世を、良いものにも悪いものにもする。後の世の幸せを願って、今を慎み、戒め、修行していくとことが大切である」ということではないか。そんな「仏教的宿縁観」がにじんでくる「蝉丸」であった。

 あ~おもしろかった。

一国二制度は災難

 台湾の総統選で民進党蔡英文総統が再選された。善哉善哉。

《台湾・総統選 香港民主派が歓迎 活動家の周庭さん「香港の影響大きい」》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000502-san-cn

 習金平に対して民主主義、自由主義の牙城がいかに手強いかを示すことができた。香港の活動家の周庭さんも、このことを歓迎している。そしてこう言う。

「この数年間、香港人は中国という独裁国家の恐ろしさを身をもって感じてきた。どうか、あなたたちの主権、民主と自由を守ってください。一国二制度は災難です。もう蔓延(まんえん)してはならない」

 少し違う。一国二制度が災難ではなく、中国共産党が最悪の災厄なのである。この歪なファシズムの党がアジアに害毒を流し続けている。この漢民族の体制が、選挙制度を導入している民主国家であれば、アジアがどれほど健全に発展していたことだろう。

 

 今回の民主主義の大勝に対して、チャイナチ、支那ナチが文句を垂れている。

台湾総統選挙うけ 中国“独立を断固反対”》

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200112-00000065-nnn-int

《選挙結果を受けて中国政府はさっそく、「われわれの基本方針は一貫して、一国二制度による台湾統一だ」「いかなる形の台湾独立計画も断固として反対する」などとけん制した。》

 おいおい、チャイナチ、ボケたことを言っているんじゃないよ。一国二制度は香港で破綻している。そして、香港の災難を先進民主主義国家は絶対に見逃してはいけない。これは、経済という名のゼニの話で、なし崩しにしてはいけない文明の戦いなのだ。21世紀に生きるものとして、百年後、千年後の人にあざ笑われたくない。後世の日本人に「よくあの時に自由を死守してくれた」と感謝されたいと思っている。

 日本の政治家は、ここはきっちりとチャイナチから自由と民主主義を守る戦いをしていく覚悟をしろよ。

 品のない言説になるけれど、「中国共産党に金玉を握られている経済人」など無視しておけばいい。やつらは千年後の名前より、目先のゼニが欲しい守銭奴だ。

 チベットはほぼ蹂躙されてしまった。ウイグルは瀕死の状態にある。香港の若者は今必死に戦っている。台湾の民意はチャイナチを否定した。

 さて、かつてはアジアの牽引役として尊敬を受けてきた日本はどうする。下品で御免。「金玉握られ経済人」に引っ張られて、チャイナチの首領を国賓で歓迎するか?先の大戦ヒトラーナチスと組んで日本は大やけどをしたことを思い出せ。

 ここが先途である。

習近平国賓招聘を止める

〇どうしても国賓で呼ぶというなら、事前に「ウイグルチベット・香港」の対応について痛烈な批判を展開する

〇台湾と国交を回復し、蔡英文総統を先に国賓として招く

 これができれば安倍首相は千年後も名首相として名を残すに違いない。

 

 日本が、自由を愛し民主主義を堅持する文明国家なら、あらかじめこれらの手段を打つべきであろう。これ以上、全体主義国家、一党独裁国家、覇権主義国家、ファシズム・ナチズム国家の台頭を座視してはいけない。

 支那と組んでゼニ儲けをもくろむような輩は、歴史に背信している。日本が立ち上がらなければアジアの安定はないし、チャイナチ周辺の人々の安寧はない。

 

《中国、蔡総統への祝意に反発 日米英に抗議》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000065-jij-cn

 支那の報道官(ナチスドイツで言えばゲッペルスの腹心といったところ)がこう日米英に抗議している。

「台湾の選挙は中国の一地方の問題だ。関係国は『一つの中国』原則に違反しており、強烈な不満と断固反対を表明する」

 バカなことをほざいているんじゃないぞ。明治6年(1873)6月21日、副島全権大使の副官に対し、清朝総理衙門(しんちょうそうりがもん/外務省のような機関)から、「未だ服せざるを生蕃(せいばん)と謂うてこれを化外に置き、甚だ理(おさ)むることをなさざるなり」と答弁しているではないか。ちなみに「生蕃」とは、台湾の先住民族のこと。

 それにしても、支那も朝鮮も自分に都合の悪いことは「なかったこと」にする。そのくせ自分に利があることは捏造をして「あったこと」にする。ずいぶん卑怯なことですな(嘲)。

 とにかく130年前に支那大陸にあった帝国は「台湾は中国ではない」と言っている。だから支那ナチの言っていることは嘘である。

 台湾は支那中国ではない。