支那の嘘

 朝、凸凹商事の社外役員室に出社すると、ワシャはラックに並んでいる新聞を読む。「朝日」は、家でざっと目を通しているので、それ以外を確認する。まずは「産經」を寛げる。これは今年度から「毎日」と入れ替えてもらった。「毎日」も偏向報道ぶりが楽しいのだけれど、「朝日」も「中日」もあるので、予算の関係で紙数制限があり「毎日」を排除したものである。その他に「読売」と「日経」がある。

 右からいくと「産經」「読売」「日経」「中日」「朝日」で、取りあえずこの順番で読み流していく。「朝日」ですでに左目が明いているので、「産經」で右目を明けるわけですわ。右と言うと語弊がある。「愛国」「保守」というところだろう。

 今朝、目を引いたのはオピニオン欄に静岡大学教授の楊海英さんが寄稿した《中国が悪用する「チンギスハン」》という論説である。

 要するに、「チンギスハン」は蒙古人であって、その蒙古人が南の穀倉地帯の漢人を攻め、「元」を樹立した。論説の後段がおもしろいので引いておく。

《中国人は、「元朝記は我が国の最も偉かった時代」と夢想する。それに対して文豪魯迅は喝破した。「一番偉かったと思い込んでいる時代は、実際は我々シナ人がモンゴル人の奴隷だった時代」、と25歳の時に日本語の学術書を読んで分かった心情を吐露している。》

 チンギスハンはモンゴル高原で生まれた。モンゴル語を話し、遊牧民として育つ。その頃、アジアの状況は、アラル海の東に「西遼」、その東に「ウイグル」、「吐蕃チベット)」、「西夏」という国が治めている。満洲から華中あたりまでは満州族の「金」がおさえ、漢民族の国家は、揚子江流域から南の平野部をおさえる「南宋」だけだった。漢人から見れば、モンゴルは「西遼」「ウイグル」「金」よりもさらに北方であり、漢人の感覚から言えば、地球のかなたのようなところであり、絶対に自分たちと同一の民族だなんて思ったことなどあるはずがない。

 緯度で言えば「南宋」は北緯20度から30度にあり、日本でいうと奄美群島琉球諸島のあたりである。当時のモンゴルはというと、北緯55度よりも北あたりだと思われる。日本でいうと、樺太の北端ですら55度には達しない。そもそも万里の長城から北は化外の地だったじゃないか。万里の長城から2000キロも北の地から現われた言語も習俗も異なった民族が、中華民族であるわけがない。

 

 う~む、昼の1時間では、ここまでしか書けなかった。もっと他にもおもしろい記事があって、話をつなげられたのに~。残念!

猫も鼠も同様に

 今日の中日新聞の「社説・発言」のページにある社会部デスクの意見が笑える。テーマは《河村市長の大村知事批判》大見出しで《「抑制の流儀」なくしたのか》と打つ。

 論旨は、河村市長の処世訓「政治ですから、今は一緒にやれなくても、将来は分からんですよ。関係を断っちゃいかんのです」を盾にとって、「なんで、大村知事と仲良くやれないの?」と問うている。

 このデスクの矛盾は、大村知事の視点に立って河村市長を責めていることである。社会の公器ならば、「中立の立場に軸足を置いているんだ」くらいのスタンスはとって欲しい。

 今回の「あいちトリエンナーレ2019」の対立はあるにせよ・・・と前置きをしながら《しかし、大村氏は一一年の知事・市長の同日選で共闘した人。首まで取りにいくものなのか。》と言っている。

 デスクは、河村さんの言説ばかりをクローズアップし、《「トムとジェリーですから」が決まり文句》だったじゃないか。《対立を認めつつ「仲良くけんか」とけむにまいた》じゃないかと、一方ばかりを責める。

 17年の名古屋市長選で、大村氏は「河村さんは応援できない」と不支持を明言したが、河村さんは2年後の知事選で「不支持」とはせずに態度を保留した。

 このことをデスクは論う。

「どれだけ冷たくされてもアンタは素知らぬ顔で受け流してくれたじゃないの。なのに今度は許してくれないのさ?」

 論説を引けば《公の場ではどうにか守ってきた「抑制の流儀は」どこへ行ったのか。》

 デスクさんよ。長年にわたって不義理、不実だったのは、一方的に知事の方ではないのか。だからと言って市長を責めるなと言っているのではない。この論説を見る限り、知事の「非」についてはまったく問題にしていないことが「問題」なのだ。

 愛知県知事リコールに対する報道姿勢が偏っているのではないかと、識者たちに指摘されることもある。どうか、軸足だけでもフェアなところに置いていてほしい。

 

本が増える

 10月17日の日記を「お公家様」というタイトルで書いた。その時に公家の生態というか、何者であったのかということを腹に落としたくて、何冊かの本を書庫から引っ張り出してきた。

保立道久『平安王朝』(岩波新書

渡辺実大鏡の人びと』(中公新書

池田亀鑑『平安朝の生活と文学』(角川文庫)

北村優季平安京の災害史』(吉川弘文館

 などです。

 でもね、この程度しかない。ワシャの書庫をもってしても(高慢アホ)、平安後期の公家の生態を扱った書籍は少ない。

 平安時代の文学は『源氏物語』を初めとして山ほどある。平安仏教についても空海最澄などなどこれもたくさん蔵している。

 平安末期の武士の台頭以降は、戦乱好きのワルシャワですから、『平家物語』からその関連文献以降、鎌倉幕府の成立、元寇南北朝の動乱応仁の乱以降の戦国時代と、それこそ現在にいたるまで資料に埋もれている状態なのだが、平安にのほほんと生きた公家に興味がなかったので、その関連本が極端に少ない。

 そんなことだから、どうしても確認をしておきたかったのが、司馬遼太郎の『上方(ぜいろく)武士道』(春陽文庫)なんですね。安公家(やすくげ/身分の低い公家)の次男坊が1万両でその血筋を商人に売られるところから始まる。公家の有り様がおもしろおかしく描かれているので、ちょいと見ておきたかった。

 しかし、これが書棚にないんですわ。ワシャは司馬作品を1カ所に集めている。ざっと6段の書棚3本に、小説・エッセイ・対談などが犇めく。そこに『上方武士道』が見つからないんです。寝室にも司馬本を持ち込んでいるので、そちらも探したんだけど、なかった。

 結局、17日の日記は『上方武士道』を読まないまま書いたものである。

 

 あったはずなんだけどなぁ・・・なにしろ悔しいので、駅前の本屋やブックオフ、ブックマーケットなどを回って『上方武士道』を探しましたぞ。4件目のブックオフでようやく見つけて、ホッと安堵のため息を吐いたものである。

 家へ急いで帰って、司馬棚へ突っ込もうとすると、足元に堆積する本の中から一所懸命に主張をする本があるではあ~りませんか。よく見れば!

『上方武士道』が笑っていたのでした。

f:id:warusyawa:20201019114040j:plain

 こうして我が家の書庫には日々書籍が増殖していくのであった。1冊は寝室専用にしようっと。

かがりという魔性

 夕べ、BSで「男はつらいよ」第29作「寅次郎あじさいの恋」をやっていた。ワシャは「男はつらいよ」シリーズを全作DVDで持っているので、わざわざCMがカットインしてくるBSで観る必要はない。

 だけど、この作品だけは見入ってしまうんですね。

 

男はつらいよ」には数多のマドンナが登場する。ダントツの人気は2つの作品に登場する吉永小百合(歌子)だが、ワシャは吉永の演技の下手さに感情移入ができず、あまり評価をしていない。おそらくワシャの確認している朝日新聞の「ランキング」では、吉永そのものの人気が反映されているものと思われる。小百合ストなんて人種がいるくらいだからね。とくに朝日新聞の購読者には、サヨクの女神なんだろう。

でも、ワシャが吉永に対して、批判的なのは、彼女がデュープスだというのは関係ない(笑)。本当に演技が下手だと評価しているからである。

 2位に浅丘ルリ子(リリー)、ワシャは4作品に登場するリリーが一番だと思っている。存在感、演技力、寅次郎との距離、どれをとっても吉永なんぞの追随を許さない。

3位/大原麗子(早苗)、4位/竹下景子(3作品)、5位/松坂慶子(2作品)と続く。大原麗子も、早苗の魅力というよりも大原本人の人気に引きずられていると思う。

「男は辛いよ」の中で、強い印象を残した魅力的なマドンナは、第29作に登場する「かがり」である。京都の陶芸家のところで女中をする丹後伊根出身の薄幸な女性を石田あゆみが演じる。

 おそらく寅次郎が唯一危険な状況(男女の関係)に陥りそうになったのがかがりであり、寅次郎が寅次郎でなく「男」の面を見せる相手と言っていい。48作品中でこれほどエロティックなシーンに登場する寅次郎は他にないし、寅をぐいぐいと攻めてくる女性の頂点にかがりがいる。

 体形が細すぎて、精神が繊細過ぎて、女性的な魅力の乏しいかがりだが、その色っぽさは優等生の歌子などは足元にも寄せ付けない厳しさがある。

 寅次郎に好意をよせる女性は多い。なかには結婚をほのめかす女性も多かったけれど、かがりの好意の量は怖いくらいだ。だから魅力的なのである。

 伊根の港で、船で去っていく寅次郎を気だるそうに見送るかがり。ついに立っておられず手すりに腰を下ろす、その風情が儚げである。

 この別離のシーンは、洋画も含めて数ある映画の中でも珠玉のものだと確信している。この魔性のような女性を置き去りにできる男は、寅次郎しかいないだろうね。

 男と女の描き方をふくめ「寅次郎あじさいの恋」は恋愛映画の名作である。

お公家様

 ワロタ。某市でのこと、首長が幹部職員がずらりと並んだ前でこう言い放ったとさ。

「きみたちは公家のようだな」

 そう言われたと、部長が笑って部下に話した。話を聞いた部下によれば、部長はまんざらでもない風情だったという。おそらく「公家=貴族」とでも思ったか。

 これで喜んでいては、モノを知らぬ者と言われても仕方あるまい。この場合の「公家」は「武家」の対語として言っている。

 例えば、自民党宏池会が「公家集団」と言われているが、「政策通は多いが武闘派が少なく、権力争いには滅法弱い役立たず」というような揶揄も含んでいる。

 某市の有り様を見ると、市長や副市長に物申す武闘派があからさまに左遷され、あるいは退職して一線から引いてしまった。このために小利口な役人は口が寒くなることを警戒して、イエスマンにならざるを得ない。

 実はトップが部下に対して「おまえら公家集団か!」と言ってしまうのは、部下の育成がなっていないというテメエのバカを晒していることになるのだが、そこはそれ、バカは気が付かないんだね。たまたま会議でそう感じたから口走ってしまった。オマエの使いようが悪いから、部下が「公家集団」になってしまっているなんて現実はまったく見えない。こうなるとまさに「裸の王様」状態に陥る。

 平安時代摂関政治が極まって、まさに公家集団が日本を牛耳っていた。日本人の強さは、台湾の元総統の李登輝さんが頻りに言われる「武士道」によるところが大きいのだが、残念ながら平安期に「武士道」が成立していない。というか「武士」そのものが歴史に登場していないのである。だから、平安京で政務を司り、公事を裁き、夜になると女のケツを追いかけていた公家たちは、まぁ「武士道」からは遠い存在だった。どの公卿を見ても、毅然とか潔さなどとは程遠い印象を拭いきれない。怨霊を恐れ、死を忌避し、乱を嫌った。

 でもね、酒の席で喧嘩なんかはよくしたみたいですぞ。まぁ口喧嘩に毛の生えたくらいのもので「戸に石を投げつけた」とか「菓子を足で蹴散らした」くらいのもので、いかにも公家の上品な喧嘩ですわなぁ(笑)。

「公家のようだ」と言われた集団は、まず恥よ。そして下級貴族が「武士」に変容していったように、「武闘派」としての力量を培え。「武闘派」といっても、「いつでもどこでも争え」と言っているのではない。「武闘派」というと「〇〇組の武闘派」なんていう連想にもあるから、「武士道派」と言い換えよう。心を鍛錬し、知識を蓄え、腹をくくる度胸を造る。

 そして、アホな上司がマヌケな命令をしてきたときに、断固として異議を唱える。そして聞き入れられなければ、潔く左遷される。しかし、倍返しのための刃はつねに研ぎ続けておくのだ。

 ワシャは「お公家様のようですね」と言われるより「この、田舎侍め」と言われる方がうれしい。

偶会(ぐうかい)

 司馬さんはやはりすごい。今朝のことである。午前5時頃に目が覚めた。布団から出るのもおっくうなので、布団の中でもぞもぞしていると、手が枕もとの本に当たった。ワシャの寝室も本だらけで、枕もと、布団の左右にざっと300冊くらいが散乱している。

 偶然、触れた本を引き寄せると、司馬遼太郎『以下、無用のことながら』(文春文庫)であった。分厚い単行本のほうは階下の書庫の棚にある。寝室の本は、この本も含めてほぼ文庫しか置かない。寝ながら読むと、単行本は凶器になるんでね。

『以下、無用のことながら』は何回も読み返している。でもね、久しぶりに読むと、やっぱりおもしろい。「本の話――新田次郎氏のことども」という5ページほどのエッセイがある。数多ある司馬エッセイの中でも、トップクラスで気に入っている一篇だ。

 以前にもこの日記に書いたけれど、新田次郎さんのご子息藤原正彦さんの生まれたときのエピソードが綴られている。

 生まれたばかりの赤子が、母乳を吸う様子を見て、それを「真空論」として科学的に分析しようとする新田さんの話をおもしろくアレンジしている。そしてこう書く。

《あの真偽さだかならぬ“真空論”に登場する新京時代の藤原家の赤ちゃんの著作を、七十を越えた私が夜陰夢中になって読んでいたことになる。》

 このフレーズで、現在の落ち武者のような藤原さんが、ベビー帽子をかぶって母乳をのんでいる姿がイメージされ、つい「クスリ」と笑ってしまうのだ。

 前回、読んだ時も、前々回も、さらに何十年前にはじめて読んだ時も、やはり笑えた。エッセイの末尾が笑った後にはさらに珠玉だ。

《この偶会のよろこびは、よにながくいることの余禄の一つである。同時に、本のありがたさの一つでもある。えらい数学者になられたあの“赤ちゃん”のよき文章によって、つまりは時空を超え、一九八七、八年のケンブリッジの町を――文明としか言いようのない人びとの秩序のなかを――臥せながらにして歩くことができる。数奇というのは、読書以外にありうるかどうか。》

 2日前に、藤原正彦さんの教養についての文章を引いたばかりで、寝起きに司馬さんの文章で若き藤原さんに偶会できるとは、まさに数奇である。

アホが教養人を装うな!

 今朝の産経新聞李登輝さんについての連載「台湾日本人物語」がおもしろい。今日は、なんてったって「司馬遼太郎」が登場しているからね。同世代の司馬さんの『台湾紀行 街道をゆく』をきっかけにして、戦前の旧制高校生の教養について語っている。

《「自由と自治」を掲げた寮生活。弊衣破帽のバンカラスタイル。哲学、文学、歴史といったリベラル・アーツ(教養教育)にどっぷりと漬かり、人格を養う・・・。》

 この教育制度・姿勢が大政治家を生んだ。大作家を生んだ。

 

 口先ちょび太くん、学歴を教養だと思っていてはダメですぞ(笑)。