武漢肺炎その11

 昨日の昼の番組で、元鳥取県知事の片山善博さんが、和歌山県の仁坂知事の「武漢肺炎」対応を褒めていた。

「自分の眼で確認をする、事態を掌握して発言している。オペレーションを完全に把握している」

 これを受けて、政治評論家の田崎史郎さんが、こう付け加えた。

「中央や大阪府ともうまく連携している。PCR検査は和歌山県内だけではどうにもならないが、大阪府から、東京まで検体を持ち込んで検査をした。これには国会議員も動かしている。国との癒着という人もいるが県民のためにうまく国会議員を使った事例である」

 こういった知事がいると県民は安心ですな。迅速な初動体制を取ったおかげで、和歌山県は感染者を17人で抑え込んでいる。

 

 さあて、オラが故郷(くに)さでは、どぎゃあなことになっちょるべいか?

 

 足元を客観的に見るためには、何かと比べてみるということが重要である。ということで、愛知県の大村知事と、大阪府の吉村知事の直近のツイートを比較してみた。大村知事はこちら。

https://twitter.com/ohmura_hideaki

 吉村知事はこちらです。

https://twitter.com/hiroyoshimura?lang=ja

 ワシャは今まで、どちらの方も真剣に読んでみたことがなかったんです。せいぜい、他の人がリツイートしたものを目にするくらい。でね、比較してみると、これほど明確な差が出るとは思ってもみませんでした。

 吉村知事の最近のツイートは、「武漢肺炎」についてのものが圧倒的に多い。そして強いメッセージが並ぶ。

 

「世界の英知を結集して、治療薬やワクチンの開発により力を入れていかなければならない」

「ワケのわかんないテレビのコメンテーターじゃなく、北大の西浦先生が作った資料を前提に進めた。感染拡大のリスクを共有できたのは大きな効果だったと思う。最後の最後、いちばん力になるのは一人一人の感染拡大防止の危機意識と行動の積み重ね」

医療崩壊を防ぐ為、府が司令塔となって府単位で入院選別を行う入院フォローアップセンター。これを現実に動かしている。重傷者、軽症者に分けて高度病院や一般病院、閉鎖した病床に復活、宿泊施設の活用。その為の緊急補正予算を組んだ。大阪方式は全国のモデルになるだろう」

 

 どうです。具体的ですよね。府民に対して強いメッセージ性を持っている。これなら府民もついていこうと思うのではないか。

 一方の大村知事は、いろいろな行事の報告の合間に、「武漢肺炎」の報告が散見される。ただし、コピペをした文言が並ぶ。

「引き続き、名古屋市と共同で、着実に検査を実施していくとともに、国や市町村、医療機関等と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んで参ります」

 これは得意なフレーズですね。ご本人が気に入っているんでしょう。24日、25日、26日の3日間のツイートの中に6回も出てくる。

 申し訳ないけれど、なんの具体策もない、メッセージ性もない行政文が繰り返えされているばかり。こんな無味乾燥な言葉を羅列しても、県民に何かが伝わるのだろうか。

 吉村知事は、要所では丁寧な言い回しを使う。けれど、大半のツイートは「である調」である。ところが大村知事の文章は、すべて「頂くようお願い致します」「取り組んで参ります」「目指して参ります」「ご挨拶を申し上げています」と、徹底的に慇懃だ。

 河村市長や政府に対してみせる無礼さはなりを潜め、「県民の皆様は神様でございま~す」といった雰囲気に包まれている。

 まぁ大衆受けを狙った小手先の業なんだけど、これに引っ掛かる人も結構いるので笑えないんだけどね(笑)。

 でもね、それじゃぁダメなんだ。そんな小業(こわざ)では、県民の生命を守ることなんかできないのだ。

 大阪府岐阜県が「外出自粛要請」をした。岐阜よりも状況の悪化している愛知県、死者数では全国でダントツの愛知県は、のんびりしていていいんでしょうかね?

喝!

 お~い、愛知県。福岡市も動き出したぞ。大阪府大阪市も連携しながら対策を取っている。そしてそのことを知事や市長が積極的にアナウンスをし続けている。

 ところが愛知県の知事のツイッターを見るにつけ、「国や市町村、医療機関等と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んで参ります」と、具体的なことは何も言わずに定型的な言葉の羅列に終始している。

「愛知県職員を災害被災地に派遣しました」とか「花のある暮らしっていいよね」とか「ボーイスカウトの皆さんに会った」とか、どれも大切なことでしょうけど、県内で19人もの死者が出て、首都圏では週末の行動制限までしていくという危機感の中、あまりにものんびりし過ぎちゃいませんかってんだ。

 危機は今、眼の前に迫ってきている。もちろん県民の気持ちを煽ってはいけないが、行政を司るものとして、危機を鋭敏に察知し、県民にどんどんと情報公開していく。情報を発信していく。

 頼むから、のんびりとした空気をまとうのだけは止めてくれ。それぞれの都道府県の浮沈は、ひとえに知事の力量にかかっている。県民に媚びている場合ではない。嫌われてもいいから、毅然と決断をしていけ。

 

騒いでいるんじゃねえぞ

《「マスク返して」豊川市要望に中国友好都市が対応へ 「恩を10倍返し」と中国大使館》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000005-jct-soci

 これを美談と受け取ってはいけない。日本人はお人よしだから、そう解釈したい気持ちはよく解かるが、ここはあえて苦言を呈しておく。

 危険なのは、中国共産党プロパガンダに使われるということだ。

「日本はマスクも手に入らないくらい切迫した国である」

「困った日本に対して中国共産党は優しく手を差し伸べた」

「日本(豊川市)が、武漢肺炎の脅威から救われたのは我々のおかげである」

「我々が、たかが4500枚の支援に対して5万枚もの返礼をした。宗主国は格が違う」

 要するに、豊川市朝貢外交をやっているのだ。華夷秩序に則って見下されている、そう思ったほうがいい。

 残念ながら、中国共産党からどれほどのマスクをもらおうが、感謝してはいけない。まず、中共がすべきことは、ウイグルチベットでのジェノサイトであり、香港での民主化を願う若者たちへの弾圧であり、南シナ海の軍事基地建設であり、日本領土への侵略である。まず、それを止めろよ。この大前提を見ずして、姉妹都市提携を結んで、市民レベルの交流をしても無駄なこと。マスクを送ってみたり、挙句に恥も外聞もなくマスクをねだってみたり、バカとしか言いようがない。

 今回の豊川市の件は、間抜けなトップが足元も見ずにいい格好をして、矜持も誇りもないものだから、マスクが不足してくると弱音をはいて泣きついたという極めて情けない話でしかない。

 こんな恥ずかしい話を美談にすることは、中共の思うつぼですわな。

《中国駐日大使館ツイッターは24日夜、「愛知県豊川市のマスクが不足していることをニュースで知った中国側友好都市の江蘇省無錫市新呉区は至急マスク五万枚を調達し、今日から順次郵送します。これこそ中日友好の底力です」と表明。実際に伝票を作成する職員や、支援物資入りのダンボール箱の写真を投稿した。》

《今回新呉区が表明しているマスクの支援は5万枚という数。前出の広報は「地元の方々の気持ちの表れで、自分たちが深刻な感染に見舞われていた時に頂いた恩を、倍返し、10倍返しでお返ししたいということです」と説明した。》

 こんなもの中国共産党の指示に決まっているし、こういった話を積み上げて、ジェノサイト国家は羊の皮を被ろうとしているのである。ワシャはご承知のとおりへそ曲がりで天邪鬼ですが、客観的に東アジア情勢を俯瞰すれば、自ずと見えてくるのではないだろうか。

「イエス高須クリニック」の高須克弥先生は、三河人として激怒しておられる。

《高須院長 マスク求めた豊川市に「やせ我慢の美学わからんらしい」》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000118-dal-ent

《高須院長は、中国側が「お返ししたい」との意向を表した記事を引用。「予想した通りになった。豊川市はやせ我慢の美学がわからんらしい。みっともない」と投稿した。

  高須院長は前日にもこの件について投稿。「(漫画家の)西原理恵子に馬鹿にされた。貧乏ったらしい。セコい。気っ風のよい三河人としては、穴があったら入りたい。恥ずかしい」としていた。》

 とにもかくにも、豊川市長様、中国共産党プロパガンダに乗せられて騒いでいるんじゃねえぞ。

 

《マスク不足でも理不尽にキレる客…「カスハラ」が増長する背景にある“強力な武器”》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00010010-fnnprimev-soci

 最初ね、「カスハラ」と聞いて、「カスのハラスメント」だと思ったんですよ。記事を読んで「カスタマーハラスメント」のことだと確認しても、やっぱり「カスのハラスメントじゃん」と思ったのでした(笑)。

 なにしろ、ドラッグストアでもコンビニでも役所の窓口でも、頭の足りないヤツほど「カスのハラスメント」をやらかす。そもそも自分の言っていることが理解できないのだから始末におえない。

 昔、やっぱり窓口に智慧の足りないカスタマーがやってきて、担当者にハラスメントをやっていたが、奥に座っている課長を見つけて「お前、そんなところで見ているんじゃない!こっちへ来い!!」と怒鳴ったものである。

 しかし、その課長が、凸凹商事でももっとも度胸のすわった男(ある意味やばいヤツ)だったので、怒鳴ったカスの三倍以上の音量で「※◆△◎☆☐×〇★★!!!!」と罵声を浴びせかけたから、カスは腰を抜かしてしまった。そしてこう言った。

「あんたが怒ってはいけない。あくまでも怒るのは客だろう」

 これがまたやばい課長の逆鱗に触れた。

「※◆△◎☆☐×〇★★※◆△◎☆☐×〇★★!!!!」

 火を吐くような言動と言っていいだろう。これを浴びたカスは、ホントに尻尾を巻いて逃げていった。対応をしていた担当者ばかりではなく、他の窓口にいたお客まで拍手をしたものである。ある意味、いい時代だった。

 時代は変われども「カスハラ」をする「カス」は、やっぱり知恵の足りないヤツばかりで、何を言われても、相手の声よりも大きい声で、正論を理路整然とまくし立てていれば絶対に勝てることだけは間違いない。

 

「お前がつけるマスクがあって、なんで私たちに売るマスクがないんだ!」

「申し訳ございません。これは業務上支給されたものでお客様の対応中に飛沫を飛ばしてはいけないということで装着させていただいております。そうおっしゃるのでしたら、このマスクをお譲りしますが?」

 と言って、マスクがないと騒いでいるヤツに、唾のたっぷりついたマスクを10円で売ってやれ。

 

 この「カスハラ」も、前述したパフォーマンス市長も同根の阿呆ということで、時代が移っていこうともこういった輩の種は尽きねえ七里が浜~ですな。

 

 

武漢肺炎その10

 無能なリーダー(頭)を戴いた集団は命の危機に陥る。作家の門田隆将さんがこんなことを呟いている。

《「パンデミックが加速」とWHO。中国の支配下を露呈し、完全に信用を失ったが危機であるのは確か。感染者が初確認されてから▽10万人までに67日間▽20万人まで11日間▽30万人まで4日間との事。大阪に比べ東京の緩さが心配。警鐘を鳴らす情報公開の度合いが全く違う。知事の差。》

 前段はそのとおりで「危機であるのは確か」なのである。そして後段、「大阪に比べ東京の緩さが心配」って、おいおい、愛知の緩さはどうしらいいのか?死者数で全国ワースト1、感染者数でもじきに北海道を抜く。東京は昨日で北海道を上回った。知事の差は如何ともしがたい(泣)。

 

 タワケ!田分けではないか、マスクワケ!

 今朝の朝日新聞三河版に情けないニュースが載っている。

《中国の友好都市へ送ったマスク…「在庫あれば返して」愛知・豊川市が中国側に要望 備蓄底つく見通しで》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00027465-tokaiv-soci

 市長自らが「見込みが甘かった」ことを認めている。おそらくパフォーマンスで先走ったのだろう。この言い方からするとトップダウン臭が強い。まぁこの市長、素直でいいけれども、「在庫有れば返して」は情けなさを通り越して、悲しいほどである。矜持はないのか。

 一旦出したものを「返してくれ」と言っているのだ。これほど恥ずかしいことはあるまい。口が腐っても言えないことを、「市民のため」というパフォーマンスでいけしゃあしゃあと言えるその口が恐い。

 2月11日の日記

https://warusyawa.hateblo.jp/entry/2020/02/11/114352

にも書いたけれど、その頃には店頭からマスクが消えていた。

 しかし、名古屋市岐阜市豊橋市豊川市などは、パフォーマンス知事に続けとばかりに、続々と支那製のマスクを支那にマスクワケしていたワケやね。タワケ。

 

 昨日の新聞各紙が「あいちトリエンナーレ」の補助金交付について報じている。

 大村知事記者会見の記事。

朝日新聞

《ただ、決定を巡る多くの質問については、「文化庁側と折り合った」と繰り返すにとどめ、詳しい説明には踏み込まなかった。》

《「愛知県として瑕疵を認めたのか」と問われたが、明言を避けた。補助金交付についての感想でも「特にない。文化庁と協議し、この形となった」と述べるにとどまった。》

中日新聞

文化庁は(中略)県が減額を申し出た上で「遺憾の意を示した」などと理由を説明。県は訴訟も準備していたが見送る。》

大村秀章知事も(中略)「文化庁から、お互いに意思疎通できなかったことは、遺憾で、今後は認識共有をして 文化芸術の発展に資するようにしたい、と表明があった」と話した。》

毎日新聞

《大村知事は、県側に瑕疵はなかったと説明しつつも、理由などの詳細は語らず「協議の結果」を繰り返した。》

 

 一事が万事なのである。この知事の発言は歯切れが悪過ぎ、自分に都合の悪いことは説明をはぐらかすばかりだ。「県側に瑕疵がなかった」とするなら、その理由をはっきりと県民にも知らせよ。そういったことを明確にしていくことこそが、県民の信頼を得る第一歩なのだ。

 武漢肺炎についても、愛知県はなんだか鈍い。知事が頼りなんだからしっかりしておくれ。 

やっぱりバカのほうが多いか

 クソ迷惑な夫婦だ。

《“ヨーロッパ旅行”から帰国の20代女性 新型コロナ感染 17日成田から新幹線や名鉄等使い岐阜へ》

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00027431-tokaiv-soci

 3月8日からヨーロッパ旅行を楽しんできたんだとさ。バカか、この夫婦。3月6日の朝日新聞には「新型コロナ欧州感染拡大」の見出しが躍っている。他の新聞も、テレビも同様のニュースは流していた。5日午前の段階で、欧州の感染者数は4000人を超えている。死者も113人を数える。異常な数値の上昇を見て、なにも感じなかったのか?感じなかったんでしょうね。自分たちの欲求のほうが勝った結果のヨーロッパ旅行を決行したわけだ。結構なことで。わけねーだろ(怒)。

 夫婦は17日に帰国している。その3日前14日の時点で、スペインは警戒事態宣言をして、国民の外出制限をしているのだ。そこから帰ってきた観光客をむざむざと公共交通機関を使って家に帰らせるかね?

 新幹線で東京駅から名古屋駅まで。どの時間帯でも新横浜を過ぎれば、多くの客が乗りこんでいると思われる。密室の中に密集して長時間を過ごすわけだ。そして名古屋駅で降りて、名鉄名古屋駅まで移動する。もう駅中が密集空間であり、どこでクラスターが発生してもおかしくない。なぜ、17日の段階で、そもそも飛行機を止められないなら、帰国者の2週間の隔離ができないのか。ホント、この国の危機管理は手ぬるい。

 ウイルスだらけのスーツケースを2つも抱えて、名鉄電車の中でも、楽しかった思い出をベチャクチャと唾を飛ばして話していただろう。新鵜沼で乗ったタクシーの運転手さんも、えらいとばっちりだった。

 このところ海外からの帰国者に感染者が多い。こいつらが自由を楽しんだ結果、日本でひそひそと暮している庶民に武漢肺炎を染されたんでは、たまったもんじゃない。ええ、僻みで言っていますよ。

 もうちっと日本で静かにしていてくれ。

バカもいるけど

 高須克弥先生の情報。あるお医者さんの体験談である。

 

◇◇◇◇◇◇

外来に転んで膝をすりむいた子供が親と受診

 

洗って消毒、軟膏塗って返そうとすると

コロナウイルスの検査もしろと

 

もちろん熱や症状なし

 

検査しないと伝えると、コロナウイルスにかかったら俺のせいだと怒鳴ってきた

 

外来の看護師や事務の人も介入してくれて帰ってもらった

 

みんなやめような

◇◇◇◇◇◇

 

 というもの。

 こういったバカの存在が医療現場を混乱させる。順序立てて頭を整理すれば、テメーがバカだと気が付くのだが、バカはテメーのことしか考えないから始末が悪い。

 

 バカはほかにもいる。沖縄の一家がこの時期にスペイン旅行を楽しんだとさ。

《スペインから帰国した新型コロナ陽性の10代学生 症状なく指定機関に入院》

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/549988

 家族旅行にどんな理由があるのか知らないけれど、見合わせるという選択肢はなかったのかねぇ(呆)。そもそも無謀な海外旅行を敢行した時点でバカな連中だとは思う。で、やっぱり帰ってきて、やらかしてくれた。しっかり感染してやんの。その上だ。戻ってきた10代の娘が成田の検疫所で、PCR検査後の「待機要請」を受けたにも関わらず、羽田経由で家族と共に沖縄の自宅まで逃亡してしまった。これって蒲郡の「ウイルステロ」と同根の話ではないのか。いくら10代のガキとはいえ、もう少し検疫所で強い対応をとるべきだろう。航空機内は密閉空間で、そのガキの周辺に座った乗客がいれば、それは濃厚接触者ということになる。高齢者の方がいれば、それは命に関わることである。しっかり取り締まってくれ。一事が万事なのだ!人権はある程度、制限するべきだろう。

 

 わかりきったことしか言わないテドロスWTO事務局長。もう胡散臭いんで退場してくれないかなぁ。アフリカに帰って、現場対応をしたほうがいい。

 

 ワシャは定期的に、愛知県内の「ブックオフ」を巡回している。ときたま「掘り出し物」があるんですね。陶芸家の加藤唐九郎のサイン入りの著書も100円で入手した。「ブックオフ」が展開を始めたころには、従業員も慣れていないせいか、とんでもなく高値の本が「出版年が古い」というだけの理由で棚に並んでいたものだ。

 最近はそのあたりの仕組みが構築されたんでしょうね。めったにそんなお宝にはありつけなくなった。

 でもね、やっぱり本の森の中に身を置くというのが、ワシャの精神衛生上にはとてもいいんですな。ホントに本とかが「ひそひそ」と語りかけてくるんですぞ。サイン本が棚に挿さっていても、普通は判らないんだけど、まったく興味のない作家の本が「ここにいますよ」と囁いてくるのだ。「え?」てなもんで、手に取ってみると、およよ、著者のサインが裏表紙に黒々とあるではあ~りませんか。

 

 おっと話が逸れた。「定期的に巡回している」というところまで戻る。最近、巡回していて感じることがある。従業員・・・おそらくアルバイトでしょうね。やたらと本棚の間で、従業員同士での雑談が多くなった。まぁブックオフだから、図書館のような静謐な場を求めているわけではない。子供も走り回っているし、音楽も流れている。しかし、本を物色している脇で、世間話をされてもねぇ。少なくともワシャが通う何軒かの店では、従業員の勤務態度は悪化していると感じている。バカとは言わないが、勤務中でしょ。もう少しお静かにしていただきたい。

 

 だが、そうでないところもある。これはいいところだから場所を言っても差し支えなかろう。岡崎の西友に入っている「ブックオフスーパーバザール」である。ここにモノのいい女性従業員がいる。

 昨日も数冊の本とピンバッジを幾つか買い求めた。レジにいくとすらりとした女の人が対応してくれた。ブックオフカードを示し、金を払ってお釣りをもらう。対応は別に普通だった。最後にレジ袋に本とピンバッチを入れてもらって、それを受け取って終わりだ。

 彼女は、レジ袋の口をテープで止めた。これは、そこの書店でも、ブックオフでも同様である。しかし、テープで止めた最後に、彼女はその端を折り返して、剥がしやすくしてくれたのだ。なかなかこの気遣いには出会わない。だから出会うと嬉しいんですね。テープの端止めはこの店で何度も体験した。旗艦店であるので、従業員教育が行き届いているのかもしれない。あるいは特定の従業員の優秀さに救われているのかも。