火事の話

 10月からどたばたしていた大きな仕事が終わって、昨日はその仕事から離れて、ある意味緊張したけれども楽しい務めをはたした。この楽しい話はまたの機会にさせてもらう。

 楽しくない話を。

《逮捕の男「妻を刺して火をつけた」 焼け跡から2人の遺体発見 愛知・愛西市

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9d93930c161efa8bf17b2e019747a5277f68acc

 この容疑者、知っているかも。しかし同姓同名同年齢ということもあるので迂闊なことは言えない。 ニュースでは顔写真が出ていないのでなんとも断定のしようがないが、別人だったら失礼なことになるので、あまり人物に踏み込むことは止めておく。

 しかし、内縁の妻を刺し、家に火を点けて、義母と妻を焼き殺したとなれば、自首しているとはいえかなりの実刑になるだろう。

 最近、この手の火災が多いような気がする。火災は周辺の住民にも類焼ということで多大な迷惑をかけるので、こういった犯罪については厳しく対処してほしい。

 

 およよ、『日本史歳時記』を見ていたら、41年前の今日、東京赤坂のホテル=ニュージャパンの大火災があったんだね。この時の火災の映像は、テレビでタイムリーに流されていて、火災から逃げ惑う宿泊客の様子が映し出されていた。33人が亡くなるという大参事になった。あのイチビリ社長のけち臭い顔はいまだに覚えている。

 

 およよよよ、『徳川実紀』の元禄8年2月8日の項に、《けふ四谷伝馬町より失火しけるに。風烈しくて焼ひろごり。芝の海岸にいたりてやみぬ。この日災にかゝる所。紀伊大納言光貞卿の別邸はじめ。万石以上以下の邸宅。市井民屋すべて六万七千四百餘家なりという。万石以上の輩俄かに消防を命ぜらるゝもの十一人》とある。 現在の四ツ谷駅あたりから出火して、赤坂迎賓館紀州家別邸)を始め、江戸城南西の武家屋敷群を総舐めにして、「芝浜」で有名な芝の海岸で止まったというから、5キロにわたって類焼したことになる。すごい火災だね。

 と、「およよよよ」からここまでの250文字を書くのに、本を6冊、地図を3枚ひろげた・・・ってどうでもいいことだけど。

 この時期は元禄なので、大岡越前が整備した「町火消」は登場していない。つまり「大名火消し」のみだったので、消火作業も滞ったにちげーねえ。なにしろ江戸の町は木と紙でできているから、火にやぁ滅法弱かった。だから、火つけは厳罰の火炙りに処せられたんでございます。

 令和5年の2月も、雨が降らず乾燥をしておりやす。皆々様におかれましても、火の始末だけはしっかりとやっておくんなさいやし。

バカの行列

 こんな笑える話があるだろうか。

《共産が党首公選制主張の党員を除名へ 規約違反の「分派」と判断》

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6452953

 共産主義、まさに極まれり。党員が、長すぎる独裁者に対して「党首公選制」の導入を言ったら、党規約上最も重い処分「除名」をされてしまった。怖ろしい集団ですな。組織内ではモノを言えないという、ソ連か、支那共産党か、日本赤軍か。

 おそらくもっともらしい顔を見せてはいるが、本質は共産主義を標榜する連中ですから五十歩百歩なのではないかいな。

 それにしても日本共産党、あまりにも正直すぎやしないかい?これでは、どんどん党勢は落ちていくだろう(笑)。

 バカに歯止めはかからない。イスラム研究家の飯山あかりさんに教えてもらった。日曜日の朝日新聞「日曜に想う」という駄コラムのことである。この駄コラムが駄コラムであることは論を俟たない。長きにわたってウオッチしてきたけれども、まともであることのほうが稀である。よくこんな文章で「新聞記者でござい」と言えたもんだ。

 飯山さんは《鎌倉幕府における外交の不在》と題した駄コラムをボロクソに貶していた。それはユーチューブのほうでご覧いただければと思うが、ワシャも飯山さんの言われるとおりだと思うので、その要点を羅列しておく。

 記名コラムなので、名を伏せる必要もなかろう。朝日新聞の有田哲文記者が駄文を公にしている。大丈夫か?朝日新聞、これが新聞社を代表する記者の文章か?これほど全国におのれのバカを曝して恥ずかしくないのかね。

 バカは元寇について知ったかぶりをして購読者を啓蒙する。

元寇の時に鎌倉幕府のやったことは、元と話し合うことではなく使節の首をはねることだった」

 おいおい、しっかりと説明しろよ。朝日の論調で読者を洗脳するために、大事なところは割愛して、日本を貶めるところだけを抜粋して書いている。ひでーな。

 そしてくたびれた専門家の話というやつを持ってきて、「元の使節を殺すなどバカげた行為」と言わせておいて、《外交のためにやってきた者の安全を保障するのは、当時も国際社会の常識だった》と言っている。違うって!そもそも元の時代に「国際社会」などというものはない。その概念すらなかったろう。さらに、支那の歴史を見てみろよ。使者を見せしめのために惨殺するなんてことは頻繁にあった。だから使者に立つものは決死の覚悟で敵陣に乗り込んだ。朝日の記者さん、歴史を知っているのかい?新聞社が斜陽産業になって久しく、このために優秀な人材が新聞社にいかなくなってしまった。それを端的に顕しているコラムですね。

 ボンクラは言う。

「元側は日本を自己の陣営に引き込もうと、6度にわたり使節を送ったが、日本は返答することなく無視をした」

 いいですか、ボンクラ君、元側は日本に属国になれと言ってきたのだ。「朝貢せよ」というのはそういうことなのだ。天皇陛下が元のフビライに対し「九跪三叩頭」をしろと言っている。朝鮮のように属国になれと求めてきたのである。

 しかし、北条時宗はそれを毅然と断っている。

「日本を脅すなら、どうぞ覚悟をして攻めてきなさい」

 実際に元は大船団で東シナ海をわたって、博多に攻め入った。しかし、鎌倉武士は2度にわたって元を撃退し、日本国の誇りを守り抜いた。時宗のおかげで日本民族は元の奴隷にならずにすんだわけで、それをこのタワケ記者はこう言ってのける。

鎌倉時代史実に教訓を求めるなら、当時の日本における外交のお粗末さに目を向けるべきではないか。》

 オメエよお、オメエ一人で教訓を求めていろ。時宗の、元帝国への対応は見事だった。元に侵略された民族がどれほど悲惨なことになったか。それを考えれば、時宗は歴史に残る快挙をなしたと言えるのである。

 バカの発言を続ける。

《元側が繰り返し使節を派遣していたことを考えれば、戦いによる犠牲を避けようとする姿勢があったのは明らかだ。》

 バ~カ。侵略者は、相手が脅しで屈してくれることを一番に望んでいる。侵略者にひれ伏せば「戦いによる犠牲」は減少するだろうが、虐殺、強姦などによる犠牲者は、民族の尊厳とともにボロボロにされてしまう。

 日本民族の千年の誇りを守った時宗は素晴らしく、日本人の誇りを支那人のクソで汚すのが朝日新聞ということである。

 この「日曜に想う」というコラム、いつもひどいがその中でも突出してバカであり、売国であり、日本人のアイデンティティの否定をし、延いてはウクライナまでを貶める悪さなんですね。

 こんなスゲーェ駄コラムは切り取ってとっておくことにしようっと。

選挙2つ

 2月2日に「選択肢」と題して日記を書いた。

https://warusyawa.hateblo.jp/entry/2023/02/02/154138

 憲政史研究者の倉山満さんの言《そもそも選挙をやる以上、最低でも二つの選択肢が無いと意味がない。三つ以上必要かどうかはともかく、最低でも二つないと意味がない。「マトモな選択肢が一つしかない」は実はゼロと同じ。》を引いて、どこぞの県知事選を揶揄した。知事選が終わったので、遠慮なく言わせてもらうが、愛知県知事選挙のことである。

 今朝の中日新聞の記事。

投票率低迷36.43% 愛知県知事選 若者に時期の壁》

https://www.chunichi.co.jp/article/630910

 この投票率の低迷は、倉山さんの言うとおりマトモな選択肢がなかったことに起因している。さらに付け加えれば、200万票を狙った本命も、まったく手が届かず、見事な空振りに終わった。泡沫候補相手に54万票を減らしてしまったのだから。どぶ板選挙に徹底的にこだわった大村氏だったが、まったく効果がなかったようだ。

 本来は「表現の不自由展」で追い詰めたのだが、河村名古屋市長が下手をうったせいで、息を吹き返してしまった。悲しいかな、愛知は政治家に恵まれない。

 

 もう一つの選挙が西三河であった。安城市長選である。こちらは副市長だった人物と、過去2度市長選に出て落選している6期目の市議との戦いで、壮烈なデッドヒートを繰り広げた。

 元副市長が38,778、元市議が34,748で、その差は4,000票でしかなかった。さらに投票率は前回を2.71ポイント下回る50.55%で、有権者の半分が投票しなかったことになる。これもかなり厳しい結果で、新市長の船出は前途多難と言っていい。

覚醒せよ!

 今日の朝日朝刊「声」欄に白眉の投稿があった。87歳の女性のもので、「声」欄の「語りつぐ戦争」シリーズである。

 題して《母の涙で悟った》。内容は9歳の時の体験で、舞台は終戦時の旧満州である。

《生活は一変した。何日もたたず、夜になると、銃を持ったソ連兵が、中国人の通訳と共に、玄関の戸を叩くようになった。》

 女性は「父たちは出勤したまま連絡が途絶えた」と書いているが、おそらくソ連兵に殺されているだろう。残っているのは母親たちと子供ばかりだ。

 ソ連兵は、土足のまま上がり込んで、家じゅうのめぼしいものを探し回り、腕時計や指輪など貴金属を巻き上げていく。モノがなくなると、最終的には「女を出せ」ということになり、一番若い母親は別棟に連れていかれたという。

 投書の末尾は《子どもながら、とんでもないことが起ったんだなと悟った。》と締められている。

 

 同様の事例はソ連軍が攻め込んだ満洲のあちこちで頻発している。極東ばかりではない。ソ連軍に侵攻された東欧、ドイツなどでも略奪、強姦、虐殺は日常的に起っている。

 そしてそれは現在のウクライナでも現在進行形で起きている。実際にロシヤは、重犯罪人、殺人鬼、強姦魔を最前線に投入し、やつらが戦場に出たら紳士に変貌するわけがなかろう。水を得た魚のように、盗み、犯し、殺しているのが現実ですよね。

 満洲関東軍が退いて、終戦武装解除され無防備になったから地獄になった。ウクライナは地獄の一歩手前で耐えている。それは軍隊が必死に戦っているからである。

 パーなサヨクの言う「話し合いで解決」が、若い母親とソ連兵の間に成立すると思っているのか?

 今、日本は地獄のとば口に立っている。このままお花畑を夢想したままでは、地獄に墜ちるのは目に見えている。

 この89歳の女性の投稿は、夢心地の日本人を覚醒させてくれるものだと思う。支那の侵略はすでに始まっている。「絵に描いた平和」などクソの役にも立たない。

T君の話(笑)

 ワシャの友だちの市議会議員のT君のことである。

 彼は市議会議員であるにも関わらず「選挙活動」が大嫌いだ。生理的に「選挙活動」が体に合わないそうで、今、ちょいとした「選挙」に関わっているそうなのだが、すでに体重が何キロも落ちているという。

 反対にいつもはボーッとしている議員たちが水を得た魚のように動き出す。「選挙」はある種「祭り」のようなもので、それに血が騒いでいるようだ。皆で浮かれ騒ぐ祭りの嫌いなT君は、なるべく目立たぬように隅の席で存在を消しているようだ。

 しかし、それでも「何もすることがなくても事務所に詰めて賑やかしをしていろ」とか「事務所前の路上に立って手を振っていろ」とか「相手が出なくても徹底的に電話を掛けまくれ」とか、効果が目に見えないことを強要される。これがT君は最も苦手なんですね。

 さらに選挙を多く経験している古参が何人もいて、それらが自分のイメージでいろいろなことをやろうとするから、「船頭多くして船山に登る」という現象が起きる。指示命令系統が一本化されていないがために会議は混乱し、同様の書類が2方向から出てきたり、同じ説明を別のリーダーが何度もするというような有様で、「会議慣れしていない人たちなんだなぁ」とT君は思ったそうである。

 とはいえ、場を乱すことも品がないので、今のところ、行政内部の情報に強いというところを買われて、選挙管理委員会とのやり取りや、選挙エリアの地理的な知識とB級ライセンスの運転技術があることから(笑)、選挙カーのドライバーなど、一応仕事の効果の分かるものに限定してやっているようだ。

 まぁ当落の予想はつかないけれど、どのみち今日1日で、賽の河原の石積みのような作業は終了する。あるいは「シーシュポスの大岩」の話か。

 哲学者の加藤博子さんはこう言う。

《シーシュポスは、ふと気づきます。岩の表面の、その細かな石の煌めきに。この世のさまざまなものの一つ一つを丁寧に見れば、それらはキラキラときれいに輝いていることに気づく。この岩を動かす行為は無意味かもしれないが、他に価値ありことと思われている行為だって、実はたいした意味などないともいえる。人の営みの価値に大した差はない。そう思えた時、刑罰は苦から喜びへと、幸せへと反転するのです。》

 てなところで折り合いをつけて、大岩を頂上まで押し上げにいきますかね(笑)。

Colabo問題

『正論』3月号にも『月刊Hanada』3月号にも「Colabo問題」が取り上げられている。

 しかし新聞・テレビなどのメジャーな媒体では、まったく目にしない。ネットニュースにもないような気がする。皆さん、知ってますか?

 ごくごく単純にまとめてしまうと、左翼系NPOの公金から支援を受けながらその使途が不明というもの。それを「はっきりしろ」と暇空茜という人が言い出し、言った途端、左翼系の弁護士が7人だったか勢ぞろいして、暇空氏を「訴える」と記者会見を開いた。これで普通の人は黙る。弁護士が複数人いるので、極めて怖い訴訟リスクがあるからね。しかし暇空さん、ビクともしなかった。なんともっとえげつない訴訟をいくつもやってきた人だった。左翼たちは、一番やばい人を敵に回してしまったようだ・・・というようなおもしろい話なのに、この件については、メディアにはまったく取り上げられない。どういうことなんだろう。日本の報道機関ってもしかしたら支那系?

 

選択肢

 憲政史研究者の倉山満さんがこんなことを言っている。

《そもそも選挙をやる以上、最低でも二つの選択肢が無いと意味がない。三つ以上必要かどうかはともかく、最低でも二つないと意味がない。「マトモな選択肢が一つしかない」は実はゼロと同じ。》

 どこぞの県の話。灰汁の強い現職が四選目を狙う。それに泡沫候補が何人か群がっているという図式。ポスター掲示場にも現職と共産党候補は、告示直後にしっかりと貼られていたが、泡沫候補はいまだに貼ってないところもある。 共産党泡沫候補しか対抗馬がいないのでは、倉山さんの言う「実はゼロ」ということになる。それに四選目を狙う現職も、まともな人には「選択肢」とは見えないんですね。これが選挙というものなんでしょうかね~。