高齢という際

竹下亘衆院議員が死去、74歳竹下派会長、食道がんを公表し療養》

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5ff678b9505e1509a1d901fc6206beb5ad176a5

 先週末の話で、もう旧聞に属するが、ご冥福をお祈りしたい。

 それはそれとして、少し考えたい。竹下氏、平成31年1月に食道癌を公表し、療養に入られた。令和元年11月に復帰し、令和3年5月からは国会等を欠席され、その後、お亡くなりになられた。

 でもね、発病(公表)したのが72歳。普通に考えると、どんな仕事をしていても、その時点で療養生活に没頭すべきで、当然のことながら入院、手術、治療となれば、ご高齢ということもあって、おそらく時間がかかることは簡単に想像がつく。10カ月も闘病され、復帰したときの写真を見れば、やせ細りやつれ1年前と比べると10歳くらい歳をとられたようにお見受けした。

 竹下氏、お兄さんは総理大臣までつとめた方ではあるが、弟さんにそれほどの能力があるようには思えない、ごく普通の政治家だった。だから、体調を崩されたなら、さっさと引退され、療養生活を兼ねて余生を楽しまれるほうがよかったのではないか?

 繰り返すが、最初の発病の際に、政界から身を引くべきであった。そして、政治活動ができないのに、年間、億に達する歳費、旅費、手当等を受け取るべきではない。おそらく闘病中に仕事をするのは困難だと思う。

 竹下氏はまだお若かったが(という年齢ではなかったが)、政界には80を超す長老議員が山ほど存在する。それは、国政でも地方でも同じである。ワシャはここでくどくど言っているが、片足を棺桶に突っ込んでいるような年寄りが、五十年後の未来は語れない。やはり壮年期にある人たちに席を譲っていくべきだと考える。

 一般社会では、60歳、65歳くらいでその職を退いて、後進に道を空けるのが当然である。それが、なぜか「政治」という世界だけは、特別扱いがされている。そんなことはないのだ。ジジイたちがその地位にしがみついているために、しがみつきたいがために、制度を変えようとしないだけなのである。

 二階のように80をとっくにこえて、口も閉まらなくなっちまっても、昭和政治への郷愁で影響力を保持していたいんですかねぇ。成り手のない村議会じゃあるまいし。

 この国の対外的な弱さは、国を指導する政治家の体たらくに起因するものが大きい。

 この点を真剣に考えないと、この国の行く末はかなり不安だと思いますよ。

柳家喬太郎独演会

 昨日、穂の国とよはし芸術劇場で喬太郎独演会があった。この武漢ウイルス禍の自粛圧力の強い中にあって、主催者は全席開催の英断をした。大したもんだ。

 さて、高座である。喬太郎が三席。間を講談師一龍齋貞寿がつとめる。

 一席目は、古典「親子酒」。

 酒好きの親子が禁酒を誓うが、どちらも守れずに酔っぱらいのたわ言の応酬を続ける。独得の酔っぱらいを演じ分ける喬太郎の実力が光った。

 二席目は、新作落語で「同棲したい」。

 これは徹底的に笑える。真面目な会社で部長を勤める実直なお父さん。そのお父さんが「夢を叶える」と、昭和40年代に復古してしまう。ベルボトムジーンズを履き、白いギターを背負い、神田川沿いのボロアパートに引っ越しをする・・・というハチャメチャな物語。

 トリは古典から「心眼」を持ってくる。圓朝の作といわれ、桂文楽の十八番だった。按摩の梅喜(ばいき)が目が明くようにと茅場町の薬師に願掛けをする。満願の日に目が明くのだけれど、そこからが江戸随一の芸者に惚れられて、一緒に料亭で酒を呑み、その現場に女房が現われて・・・とドラマが展開していく。

 それにしても喬太郎、当代きっての名人である。三席をまったく飽かせず演りきった。お見事!

 それにしても、お酒を呑むシーンが多く、また喬太郎が美味そうに呑むんですね。こちとらだって呑みたくなってしまいますわな。

 午後7時に終了になって、豊橋の街に出たんですが、この非常事態宣言でゲス。繁華街はまっくらで煌々と明かりが点っているのはブックオフばかりなりけり~。

 辛うじて7時12分に、オーダーストップ7時半、閉店8時の店にしけこむことができました。しかし、飲みものは「0.5%」の“微”アルコールビール(泣)。https://www.oricon.co.jp/special/55918/

 普通のビールの10分の1でっせ。350ccを飲んだけれど、腹が張ってまったく胃の腑に入っていかない。もちろん味と雰囲気だけで酔ってもきません。ビールならかけつけでジョッキー2敗くらい5分も要さないんだけどね。

 大声で話さない上品な客には、アルコールの提供をしてくれ。

 酒の文化を潰す分科会座長の尾身、おみーはいい加減にしろよな!

総裁選点描

岸田文雄氏、「報ステ」で野田聖子氏に外交安全保障政策を質問「中国に対してどういうスタンスで対応?」》

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a5082a0b6ef64d7db5993e05259ca758f770d7e

 親中派のドンである二階べったりの野田候補に対して、岸田候補の放った鋭い矢。

 野田候補の言い分を引きながら文句をつけていこう。

《野田氏は「日本は近隣諸国との衝突を避けなきゃいけないっていう努力をしなければいけない」と述べた上で、平和主義を守り抜かなければいけないことを強調した。》

 おいおい、「近隣諸国との衝突を避ける」と言っているけど、衝突から逃げてばかりでは何の解決にもつながらない。野田氏の二階のオヤビンは、強いパイプを支那共産党に持っていると言われながら、ここ10年以上、何の役にも立っていませんよね。だから日本は支那との衝突を避け、ずっと後退し続けているだけだ。それをもって「衝突を避ける努力」というのであれば間違っていると言わざるを得ない。

《大切なことは触発しない、相手に言い訳を作らないような距離感が外交であると思っています。》

 おいお~い、尖閣についても触らずにきたからこの体たらくになっている。大切なことは触発しろよ。

《そういった意味では中国とは経済的に深く関わりがあるし…。ただ今、現在は米中の問題がありますから、ミサイル等も中国は軍事費を重ねる中で短距離、中距離とどんどん数も距離も伸ばしている中で、私たちがやるべきことは米中を対立させるのではなくて、双方に足がかりがある国として賢い交渉役として収めていく。そういう行司役を買って出る必要もあるんだろう、そうするべきなんだと私は思っています》

 支那が軍事費を増大させ、短距離・中距離ミサイルを装備拡大させている。これって、日本はすべて射程距離に入っていることを置いて話しているんじゃないぞ。アメリカ本土には届かないが、日本全土を焦土にするだけの力を持っている。それに対して日本は「いかんのい~」と言っているだけでなんの手も打てない。

 

 アメリカと支那の問題ではなく、日本と支那の問題であるという当事者意識を持たないと首相は無理ではないでしょうか。

身近なこととして考えよう

北朝鮮が新型巡航ミサイル発射 日本を射程、1500キロ飛行》

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091300125&g=int&utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=link_back_edit_vb

《国連安保理、声明出せず 止まらぬ北朝鮮ミサイル》

https://news.yahoo.co.jp/articles/379b34847839b0b377a9d0ffb3f6cd1f06b92f9f

 昨日の各紙は、北朝鮮の2発の弾道ミサイル発射を1面で報じている。が、右肩トップで大々的に取り上げたのは読売新聞だけだった。中日、日経、朝日は左肩で縦に細長く小さ目。総裁選や武漢肺炎の脇に廻している。字の大きさも読売が巾26㎜に対して、中日は19㎜、日経・朝日は16㎜と違いが明確に出た。

 読売新聞を読んだ人は「なんじゃーこりゃ!」と驚くが、朝日新聞に染まった人は「あぁまた撃ったのか」くらいの反応ではないか。

 

 隣の家に暴力団員が住んでいる。ときおり隠し持っている拳銃を発砲する。15日の昼ごろにも2発を我が家に向けて撃ちこんできた。警察に連絡をしても、なにも言ってくれず様子見のようだ。弾は裏庭に着弾しているが、いつ何時、家の中まで銃弾が飛んでくるかもしれず、それは家人を殺傷する可能性がある。

 

 そういう状況だということを朝日ののんびりとした記事から読みとらなければならない。あなたは、市民に向けて拳銃をぶっ放す工藤会が隣に住んでいて、その場所で安穏と生活ができますか?

 

 日本は今、そういう状況にある。北朝鮮という工藤会よりも性質の悪い暴力集団がいて、そこが核弾頭と弾道ミサイルを所有し、人民を飢え死にさせても兵器の先鋭化を進め、日本国民1億2千万人の生命を標的にしている。

 隣の家の暴力団が、あなたの子や孫にピストルを突き付けて「金出さんかい」と凄んでいるのである。これで、あなたは警察を呼びませんか?あるいは暴力団に抵抗しませんか?

 

 高校時代の話である。ワシャの高校のすぐ南に大きな公園があって、そこでワシャの友人や後輩たちがデートをしたり、散策したりして放課後を楽しんでいた。そこに実業高校の不良や、隣市の私立高校のワルがやってきて、進学校の気の弱い生徒にタカリをかけるようになった。教師たちも時おり公園を巡回していたようだが、生ぬるい教員に見つかるようなマヌケは不良なんてやっていないって。結局、効果が上がらないまま、生徒の被害は増えていった。

 そこで進学校の中でも出来の悪い生徒が立ち上がった。そして直接的に実業高校や私立高校のワルそうな生徒を見つけるや否やアヤをつけて狩り始めたのである。それが噂になって、高校に隣接した公園でのタカリはなくなり、その影響かどうか、高校の最寄りの商店街、駅でも進学校の生徒の被害はめっきりと減ったのだった。

 その駅の近くの喫茶店がその高校の出来の悪いやつらの溜まりまで、毎日、そこに詰めていたんですね。駅で同じ高校の生徒がタカラれているという急報が入れば、喫茶店でたむろする何人かがスカマンを翻して出動する。見えないところで、そういう努力をしていたんですね。そして出動した番長たちは武力行使を当然する。ワルに話し合いなんて通じない。先制で一発食らわせることが、同じ高校の生徒を守る有効な手段だったのだ。出来の悪い高校生でもそのくらいのことは知っていた。

 しかし、「話し合えば平和は維持できるのよ~」という脳天気な空気に汚染されてしまった日本高校は、今や近隣の不良高校の餌食にされている。教師が見まわって「いかんいかん」と言っているだけでは屁の突っ張りにもならない。先制攻撃で敵の無力化をしなければ、こちらの被害は甚大なものになる。

 変則軌道で飛ぶミサイルは、もう日本の迎撃システムでは撃ち落とせない。放物線軌道で飛来するミサイルを落とすイージスアショアすら造れなかったヘタレ国家。高校時代に喩えるならは、公園で美人高校生が頭に100万円の束を括りつけて下半身丸出しにして不良を誘っているのと大して変わらない状況だ。

 もっと日本人は自覚したほうがいい。私たちには子孫を守っていく義務が課せられている。近隣の不良たちにはっきりモノの言えない、ふにゃふにゃした総理大臣なんか要るか!

ジェンダー

 昨日の中日新聞に《女性国会議員 なぜ増えないのか》という見出しが躍った。その下には「野田聖子」「蓮舫」「稲田朋美」「嘉田由紀子」などの顔が並ぶ。記事は言う。

ジェンダーギャップ指数は日本の政治分野は156ヵ国中147位だ」

 全衆議院議員に占める女性の割合が9.9%と低迷しているからなんだとさ。女性議員の少なさを嘆く彼女たちの笑える意見を列挙する。

野田《候補者が一人なら当然、安定性を確保するため党内は現職優先となる。構造上の問題。候補者を選ぶ地方組織のメンバーも九~十割が男性なので、「女性を候補に」という発想がないと思う。》

 いやいや違うでしょ。岐阜1区でも女性を選んでいるし、現職優先ですわなぁ。発言するのはいいけれど、自分のことを棚に上げるなよ。現職のあなたは引退して、元反社でない旦那のいる若い女性候補を立てる努力をしてから言ってね。

蓮舫《「政治家になってやりたいことがある」という思いがあっても実際に手を挙げる女性は極めて少ない。》

 そのとおり、賢明な女性たちは「政治」が極めて面倒くさいものであるということを知っている。目立ちたがりの男たちが手を挙げてくれるなら、「どうぞどうぞ」と上島竜平に譲ってしまったほうがいいに決まっている。

《さまざまな女性を説得したが》立候補には応じてくれなかったという。そりゃそうでしょ。説得するのが蓮舫議員では、「さすがにこんなのと一緒にされたくない」と思うでしょうからね。

稲田《政治における女性の能力が日本だけ男性に比べて十分の一なのか。決してそうではない。国民の半分は女性で国会は社会を代表しないといけない。民主主義が歪んでいると思う。》

 国会議員をやろうなんていう物好きは男性に多いということでしょうね。別段、国会を構成するのは男でも女でもよく、要するにモノのいい人であれば性別などまったく関係ない。

《コロナ禍に伴う十万円の一律給付で、個人じゃなくて世帯主に配ると女性の手元に届かないことがある。》

「ことがある」かも知れないが、「そうでないこともある」。ワルシャワ家は、家族のもらった給付金はすべて祖母の手元に集められた。祖母はもちろん女性だ。こういう話を新聞に言っているようでは、当分、この人芽が出ないねぇ。

嘉田《フランスは(中略)ノルウェーは》

 まさに「ヨーロッパ出羽守」ですな。

 さらに嘉田氏は「(労働者)人口が少ないから女性にきっちりと働いてもらわないと」と言う。これは共産主義社会主義に近い考え方で、支那ジェンダーギャップ指数で上位にいられるのも、毛沢東が兵隊欲しさに、女性にも兵役を課した故であることを忘れてはならない。

 

 本物の女は、もう「女」を盾にとったり、「女」を矛にしたりはしない。その能力で充分に男と渡り合っている。高市早苗氏は、20年も前に、当時絶頂だった田原総一郎と互角以上の論戦し、勝っている。田原氏、女々しくも高市氏に罵詈雑言を浴びせて時間切れに持ち込んだ。

 むさくるしい田原氏より、爽やかな高市氏のほうが優れているのだ。もうそれは性別なんか超えたところの話で、いまだに「女が~」と言っている野田氏らの遅れていることといったらありゃしない。

 総裁選に出るのか、出ないのか、いまだにはっきりと言えない野田氏、自分の立ち位置をしっかりと見極められないようでは、一国の総理は務まりまへんで。同じ女性ということで、人望もあり能力も高い高市氏の支援に回ればいいものを、いつまでも煮え切らないやっちゃなぁ~。こういうのを〇〇の腐ったような・・・という。

その手できたか

 朝日新聞社会面右肩見出し。

護国神社例大祭 7県知事ら公務参列》

 やれやれ、地元の護国神社まで攻撃を始めたか。「靖国天皇制問題情報センター」という団体が、全国の道府県に対して護国神社への例大祭出席の有無を問い合わせたんだとさ。それにしてもこのセンターの名前、いかにも、いかにもと言った名前でヤンスね。「天皇制」と出た瞬間にサヨクバリバリの団体だということが判る。さらに靖国も皇室も「問題」ではない。ここに「問題」と付けてしまうお前らが「問題」だ。

 朝日新聞紙は、この件について憲法学の名誉教授とやらを担ぎ出して「護国神社靖国神社の地方版、過度な関わりは社会的儀礼とは言えず違憲である」と言わせている。

 このサヨク学者の言うとおりだとすると、国や地方自治体が行う事業の地鎮祭違憲ということになり、日本の美しい文化・風習を真っ向から否定することになる。だったら「地」をどう鎮めるのか?

 朝日新聞サヨクの連中なら「習近平の写真でも貼っておけ」というのかもしれない。ううむ、悪霊は悪霊で抑え込む。毒を以て毒を制すということで、なんとなく効きそうではある。『呪術廻戦』には習近平に似た呪霊も出てくるしね(笑)。

 県のトップが公のために亡くなった地元の方のところにお参りに行く。なにか問題があるのだろうか?そのことに対して目くじらを立てて「政教分離に抵触」って、いまだに70年以上も前の亡霊を引きずっているのは親中サヨク連中ばかりなり。お前らがさっさと「中共分離」をしろよ。

大相撲秋場所

 横綱白鵬は悠々自適の有給休暇。  

 美学のまったくない横綱照ノ富士は両足をコルセットでがっちりと固め、両肘にもサポーター、両手首にも包帯のようなものを巻いて、太ったミイラ男のような姿で土俵に上がる。

 平幕の遠藤は多少悪いところがあっても、よほどのことがない限りそれらを外して土俵をつとめる。これが格好いい相撲取りの美学だ。初日も昨日もきれいな姿で土俵に上がっている。さすが。

  昨日の宇良-照強の取組。照ノ富士の露払いをつとめる横綱の弟弟子。この一番の照強の土俵は相撲ではなく喧嘩だった。宇良に対して張り手の連続で、あれは張り手ではなく殴打に近い。何度も顔面にビンタを食らった宇良は鼻血を吹き出していた。白鵬朝青龍の相撲にこういった跡味の悪い相撲が何番かあったが、照強の一方的ビンタ攻撃は、兄弟子同様に下品だ。

 二日目、若隆景-逸ノ城戦。若隆景が下手投げで逸ノ城を下した。相撲そのものはよかったんだが、逸ノ城の背中が見苦しかった。直径5㎝ほどの円い痣が8つ、背中に並んでいた。最初に見つけたときには逸ノ城の体型が体型なので「呪霊か?」と思ってしまったんですよ。今、何度目かの『呪術廻戦』を読んでいるものですから(笑)。よくよく見れば灸かなんかの治療痕だと思うけれど、それにしても汚すぎる。もう少し神聖なる土俵に上がるんだという意識を持ってほしい。

 横綱以外の上位陣、普通なら7人で14勝していなければならぬ。ところがなんと2勝10敗2休という惨憺たる星である。宇良も2敗だし、明瀬山は幕下に落ちてしまったし、溜まり席の妖精も顔を見せないし、ううむ、秋場所がもうひとつ盛り上がらない。